※当サイトは企業広告(PR)などを掲載しています。
番組

おさるのジョージに都市伝説!黄色い帽子のおじさんの名前や怒らない理由は?

tomoko

監修者のTomoko Takahashiです。当サイトコンテンツのファクトチェックを担当しています。
【職種】データサイエンティスト|データサイエンティスト協会会員
【経歴】独立系シンクタンクに勤務。「人流・商圏分析」「ファクト調査」を担当
【資格】基本情報技術者|FP技能士
ご質問|●プロフ詳細|●Twitter

みなさんは、子ども向け作品”おさるのジョージ”の都市伝説とされている「黄色い帽子のおじさん」について知りたくはありませんか?

ということで今回は「おさるのジョージに都市伝説!黄色い帽子のおじさんの名前や怒らない理由は?」と題して記事をお届けいたします!

この記事を読んで分かること

  • ”おさるのジョージ”の都市伝説とされている「黄色い帽子のおじさん」について!

ぜひ最後まで楽しんでご覧ください!

おさるのジョージに都市伝説!じさんの名前や怒らない理由は?

さて、おさるのジョージの都市伝説の内容を見ていく前に、まずはおさるのジョージに関する基本情報を見ていきましょう。

おさるのジョージの基本情報

おさるのジョージは、アメリカの絵本作家、ヒュー・A・レイとマーガレット・レイ夫妻が発表した絵本『ひとまねこざる』を原作とする、世界中で愛されている作品です。

ジョージは、黄色い帽子のおじさんと一緒に暮らす、好奇心旺盛なこざるです。

身の回りのあらゆることに興味を持ち、何でも自分で確かめようとします。

そのため、思いがけない騒動を起こしてしまうこともしばしば。

そんなおさるのジョージのテレビアニメは、2006年にアメリカで放送を開始して以来、世界中で人気を博しています。

日本では2008年からNHKにてレギュラー放送が開始され、現在も放送されています。

おさるのジョージは、子どもたちの好奇心を刺激し、学びのきっかけを与えてくれるキャラクターです。

また、ジョージの失敗から学ぶことで、子どもたちは失敗を恐れず、新しいことに挑戦する勇気を育むことができます。

そんなおさるのジョージについて調べていると、「おさるのジョージ 都市伝説」というワードに検索数が集まっていることが分かりました。

あんなに可愛い動物が登場する作品に都市伝説が存在しているとは、にわかに信じ難いです。

そこでおさるのジョージの都市伝説についてより詳しく調べていると、その話題の発端となっているのは、まさかの「黄色いおじさん」であることが分かりました。

おさるのジョージの都市伝説は黄色いおじさんが発端!

黄色い帽子のおじさんは、おさるのジョージの公式サイトにて次のように紹介されています。

ジョージのいちばんの友だちであり、良き理解者でもあり、ジョージをいつでも信頼している親のような存在でもある。
トレードマークは黄色い帽子で、洋服やネクタイも黄色いものを好んで着ている。

引用元:©Universal City Studios LLC. (https://osarunogeorge.jp/about.html)

また黄色い帽子のおじさんは、博物館の学芸員として仕事をしています。

「どこかおかしいところがある?」

そのように疑問に感じる方もいるかもしれませんが、実は黄色い帽子のおじさんに関しては、次にあげる2つの都市伝説があるんです。

おさるのジョージの都市伝説①黄色い帽子のおじさんの名前は?

先ほど、おさるのジョージの公式サイトの文章を引用させていただきましたが、実は黄色い帽子のおじさんの名前は、「黄色い帽子のおじさん」としか表記されていないのです!

一方で、猿であるジョージを含め、その他の主要なキャラクターはしっかりと名前がついています。

ひとりだけ名前がついていないというのは、なんとも不思議ですよね。

この件については、お笑い芸人であるあのハライチの澤部さんも、TBSラジオ「ハライチのターン!」にて話題に話題に出したことがあるほどです。

ですが実は、この黄色い帽子のおじさんにもしっかりと名前は存在しているんです!

その証拠写真がこちら。

おさるのジョージの商品パッケージに写る黄色い帽子のおじさん。

そのとなりには確かに「テッド」という文字があります。

実は黄色い帽子のおじさんには、「テッド・シャックルフォード」という名前があり、映画「劇場版 おさるのジョージ2 ゆかいな大冒険!」にて、フルネームが判明しています。

しかしその名前を普段のアニメの放送で聞くことはありません。

一体なぜなのでしょうか?

これに関して、残念ながらおさるのジョージの作品の制作者側は言及をしていません。

そこで筆者なりに予想するのならば、子どもたちが親しみやすくするためではないでしょうか?

ジョージと黄色い帽子のおじさんは、作品においてダブル主人公と言える立ち位置です。

これは筆者の個人的な感覚かもしれませんが、ジョージに関してはただの”動物”として認識するよりも、名前を付けて人間味を持たせた方が親しみやすくなる気がします。

一方で、名前がついていて当然の”人間”という生き物に当たる黄色い帽子のおじさんは、その黄色づくめのフォルムも相まって、名前よりもその見た目の特徴で呼称する方が、親しみやすいと判断されたのではないでしょうか?

真相は闇の中です。

ちなみに、黄色いおじさんの名前が公に使われない理由として、ネット上では「おさるのジョージは実はイエローハットに買収されており、あえて黄色い帽子(イエローハット)のおじさんと呼称することで、宣伝に使われているのではないか」という説もありました。

信憑性は限りなく低いですが、ものすごく面白い説ですね(笑)

おさるのジョージの都市伝説②黄色い帽子のおじさんが怒らない理由は?

おさるのジョージの話の展開としては、ジョージが好奇心でやったことによりトラブルが起きて・・・という展開がしばしば。

時にはジョージが物を壊したり、黄色い帽子のおじさんのみならず他の人にも迷惑を掛けることが。

迷惑をかけた人には、黄色い帽子のおじさんが謝って周ります。

しかしどんな時でも黄色い帽子のおじさんは、ジョージのことを頭ごなしに怒ることはしません。

一体なぜなのでしょうか?

様々な情報を集めたところ、黄色い帽子のおじさんがジョージを頭ごなしに怒らない理由は、次の3つではないかと言われていることが分かりました。

1,ジョージの好奇心を尊重している

ジョージは、好奇心旺盛なこざるです。

身の回りのあらゆることに興味を持ち、何でも自分で確かめようとします。

そのため、時には思いがけない騒動を起こしたり、冒険をしてしまうこともあります。

黄色い帽子のおじさんは、そんなジョージの好奇心を尊重しています。

黄色い帽子のおじさんは、ジョージが何かを試してみたいと思うのは、成長するために必要なことだと考えているのではないでしょうか?

2,失敗から学ぶ機会を大切にしてほしいと思っている

ジョージが失敗をすることは、決して悪いことではありません。

失敗から学ぶことで、ジョージは成長することができます。

黄色い帽子のおじさんは、ジョージに失敗から学ぶ機会を大切にしてほしいと思っているのではないでしょうか?

その証拠に、黄色い帽子のおじさんはジョージを頭ごなしに怒りはしませんが、どうしてそれがやってはいけなかったことなのかをしっかりと説明します。

3,ジョージを信頼している

黄色い帽子のおじさんは、ジョージを信頼しています。

ジョージが間違ったことをしたとしても、ジョージは必ず正しい道を選ぶと信じています。

そのため黄色い帽子のおじさんは、ジョージに恐怖を与え無理やり行動を矯正するのではなく、ジョージに諭すようにしているのではないでしょうか?

黄色い帽子のおじさんの教育への姿勢

黄色い帽子のおじさんのこの姿勢は、子育てにおいても大切なことだと思います。

子どもは、失敗から学び、成長していきます。

子どもを信じて、失敗から学ぶ機会を与えることが、子どもの成長につながるのかもしれません。

そしてその失敗に対して頭ごなしに怒るのではなく、諭すことが大切です。

最後に、黄色い帽子のおじさんの名言と言われているフレーズを紹介しておきます。

  1. 「なぜだ?ジョージ」(なぜ駄目だったかを理解させる)
  2. 「ジョージ、もう一度やってみるかい?」(ジョージの可能性を信じる)
  3. 「数字や教科書の暗記は誰でもできる。でも、本当の学習とは経験と好奇心から生まれるもの」(まずはチャレンジすることの大切さを伝えている)

どれも素敵な言葉ですね!

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「おさるのジョージに都市伝説!黄色い帽子のおじさんの名前や怒らない理由は?」と題して記事をお届けいたしました!

この記事のまとめ

  • 黄色い帽子のおじさんの名前は『』
  • 黄色い帽子のおじさんがジョージを頭ごなしに怒らないのは、ジョージを信頼し、成長を願っているから!

最後までお読みいただきありがとうございました!