番組

ポップUPの後番組は?打ち切り理由についても調査してみた!

フジテレビお昼の情報番組「ポップUP!」の年内打ち切り報道が出ていますが、後番組についても気になるところですよね。

曜日ごとのパーソナリティを務める三浦翔平さんや高嶋政宏さん、更にレギュラー陣の前田敦子さんや高岡早紀さんなどの顔触れにちょっと新鮮なイメージを覚える人もいたのではないでしょうか。

そんな「ポップUP!」は今年4月に新しくスタートしたばかりの番組ですが、年内いっぱいとなれば本来次の4月に行われる改編期を待たずしての終了となってしまいます。

通常の改編期まで待てないほどの打ち切り理由とは一体何なのでしょうか?

そこでこの記事では、「ポップUP!」終了後の気になる後番組についてや打ち切りになる理由について調査してみました。

この記事でわかること

  • ポップUP!の後番組
  • ポップUP!の打ち切り理由

ポップUPの後番組は?

年内いっぱいで打ち切り確定と報道されているフジのお昼の顔「ポップUP!」ですが、後番組はバラエティー色を強く前面に出した内容になると予想されています。

 

現在放送中の「ポップUP!」はフジの情報制作局が制作を担当していることもあり、情報色の強い番組テイストになっています。

しかし現路線で打ち切りに至っている背景からも今後の番組作りはバラエティー制作班が担当し、長年フジの顔でもあった「笑っていいとも!」のようなお昼のバラエティー番組となる線が濃厚のようです。

 

また、後番組のMCや出演者についても様々な噂が囁かれています。

「ポップUP!」は曜日ごとにメインパーソナリティーとレギュラー出演者が分かれていますが、番組全体のMCはフジの局アナである佐野瑞樹アナウンサーと山崎夕貴アナウンサーが担っています。

アナウンサーとしてはベテランのお2人ですが、月曜レギュラーの田村淳さんなど普段からMCとしても活躍している方と比較するとやはりどこか心もとない印象を受ける人も多いようです。

 

そこで後番組MCには番組の顔となるビッグネームをキャスティングしたいというフジの思惑から、ヒロミさんや中居正広さんなどの名前が挙がっているといいます。

ただ、ヒロミさんや中居正広さんとなると既に知名度や稼ぎの面では充分といえるため、今さら平日昼のスケジュールを押さえてまで帯の番組MCに挑戦する意味があるのかという点で了承するかは難しいという意見もあるようです。

しかし中居正広さんは「ポップUP!」の前々番組であった「笑っていいとも!」に長年出演していたことから同枠に対し愛着を持っており、バラエティー制作班のスタッフらとも親しい関係にあるといいます。

そのため、もしかすると中居正広さんが同枠を救うために立ち上がるのでは、という見方も出てきているようです。

 

つい先日には明石家さんまさんが後番組MCに名乗りをあげるか迷っていると、自身のラジオ番組で発言し話題になりました。

平日お昼の帯番組で明石家さんまさんが連日登場するのはなかなか面白いことになるのではと期待してしまいますが、冗談なのか本気なのか真意はどちらなのでしょうね。

 

なお、後番組の出演者については「ポップUP!」現レギュラーをスライドさせたり同じ事務所所属のタレントを起用したりする方向で進めているという話も出ています。

 

改編時期から外れたタイミングで番組差し替えとなることから、フジ局内は現在バタバタのスケジュールで後番組に向けて動いているそうです。

はたしてフジの意図するビッグネームがMCに就任するのか、フジ同枠の救世主は誰になるのか、「ポップUP!」後番組の行方に注目ですね。

ポップUPの打ち切り理由は?

フジ「ポップUP!」の打ち切り理由には、回復の兆しが見えない視聴率の低迷と番組スタッフによるパワハラ問題があると言われています。

 

まず視聴率については、4月の番組開始当初から雲行きが怪しいと言われていました。

しかしこれは新番組につきものの洗礼ともいえる現象であり、帯番組はある程度時間をかけて視聴率を積み上げていくものとされています。

「ポップUP!」前番組の「バイキング」も開始当初は散々な数字だと揶揄されていましたが徐々に回復し後半は平均4~5%、更に1時間番組だったのが3時間に拡大しました。

 

「ポップUP!」も「バイキング」に続き視聴率は回復していくものと思われていましたが、開始当初の3%台からすぐに1%台に落ち込んで以降、這い上がることができないまま低迷が続いているようです。

 

更に視聴率低迷の一因となったと言われているのが番組担当チーフプロデューサーのパワハラ騒動です。

当時「ポップUP!」担当だったチーフプロデューサーが、同番組のアシスタントプロデューサーに対して嫌みを言ったり執拗に叱責したり残業の圧力をかけて数日帰宅させないなど日常的にパワハラを繰り返していたことが明るみになりました。

このアシスタントプロデューサーは大量の薬を飲むところまで精神的に追い詰められ、現在は自宅で療養中だそうです。

この件が発覚した6月にこのチーフプロデューサーが番組を外され、責任者不在の状態が続いたことが番組を低視聴率加速に導いた要因となっているとも言われています。

 

帯番組の番組改編は通常4月と10月に行われますが、次の4月まで待たずに終了するということはそれだけ改善に期待できないと関係者に思われているということかもしれませんね。

まとめ

フジお昼の帯番組「ポップUP!」終了後の気になる後番組や、打ち切りになる理由について調査してみました。

「ポップUP!」終了後の後番組については、現在の情報番組路線から「笑っていいとも!」のようなバラエティー路線に変更する説が濃厚なようです。

そしてフジテレビのお昼の顔となるビッグネームをMCに起用したいという思惑から、今のところ中居正広さんの名前が最有力候補として挙がっていると言われています。

今年4月の新番組スタート直後から低迷してしまった視聴率を回復できないまま、スタッフによるパワハラ騒動なども受け年内打ち切りに追いやられている「ポップUP!」。

新年明けから新たに開始される予定の後番組はフジの平日昼枠を救う救世主となるのか、今後の発表に注目ですね。