※当サイトは企業広告(PR)などを掲載しています。
ライブ会場

横浜アリーナの座席と見え方は?センター席・アリーナ席・スタンドを調査!

tomoko

監修者のTomoko Takahashiです。当サイトコンテンツのファクトチェックを担当しています。
【職種】データサイエンティスト|データサイエンティスト協会会員
【経歴】独立系シンクタンクに勤務。「人流・商圏分析」「ファクト調査」を担当
【資格】基本情報技術者|FP技能士
ご質問|●プロフ詳細|●Twitter

横浜アリーナでのライブやコンサートに参戦決定したけど、自分の席からの推しやステージの見え方が気になっているのではないでしょうか。

 

横浜アリーナは収容人数約17,000人の、神奈川県最大の多目的ホールです。

横浜アリーナ全体は楕円型のホールであり、ステージの場所によって座席が以下の3パターンに分かれます。

  • Aパターン 会場全体を縦長に使用する
  • Bパターン 会場全体を横長に使用する
  • 中央パターン ステージが中央にある

今回は一番多いと言われるAパターンの場合の各座席からのステージの見え方について調査してきました!

また、横浜アリーナの座席の呼び方は一般的なアリーナのものと違っているので注意が必要です!

この記事からわかること

  • 横浜アリーナの座席と見え方【センター席】
  • 横浜アリーナの座席と見え方【アリーナ席】
  • 横浜アリーナの座席と見え方【スタンド】

横浜アリーナの座席と見え方は?【センター席】

まずは横浜アリーナ「センター席」の座席の位置とその見え方についてご紹介いたします。

横浜アリーナのセンター席は一般的にいう「アリーナ席」です。

センター席はステージと同じ高さのフロアに位置しています。

そのため見え方としては、ステージに近い前方だとアーティストの様子が本当に良く分かるようです。

 

センター席でも後方だとステージから距離があり見えにくい場合もあるそう。

また基本的にセンター席には座席がありますが、講演によってはオールスタンディングの場合もあるそうです。

身長が低めの方や視力が悪い方は場合によって見えにくさを感じてしまうかもしれません…。

しかし公演次第で、トロッコや花道などの舞台装置の設置、ステージに大型スクリーンを導入する場合などもあるので諦めないでください!

実際にセンター席をゲットした人のステージの見え方は以下のような様子です。

 

横浜アリーナの座席と見え方は?【アリーナ席】

続いては横浜アリーナの「アリーナ席」の座席と見え方についてです。

横浜アリーナのアリーナ席は、一般的にいう「1階スタンド席」になります。

「アリーナ席」というと他の会場では1階の、ステージに近い席を指しますが、横浜アリーナの座席の呼び方が他とは違うので注意が必要です!

 

横浜アリーナのアリーナ席は1階から2階の固定通路にかけて階段状に配置された座席で、見え方でいうとステージ全体がよく見えるようです。

ただ、アリーナ席前列は段差が低くセンター席の方もいるため、身長が低い方などは見えにくい場合もあるかもしれません。

またアリーナ席後方の固定通路部分は立ち見席のある公演で立見席として使用されることがあります。

実際のアリーナ席からのステージの見え方は以下のような様子です。

横浜アリーナの座席と見え方は?【スタンド】

最後は横浜アリーナ「スタンド席」の座席と見え方についてです。

横浜アリーナのスタンド席は、一般的にいう「2階スタンド席」に当たります。

3階から4階にかけて階段状に配置された座席で、10列の配置になっています。

また5列目と6列目の間に通路があるようです。

 

見え方については物理的にステージから離れているため、席によってはステージ上の演出の詳細が肉眼では見えにくいこともあるそうです。

そのため、双眼鏡の用意があるといいでしょう。

しかしステージ全体や周りの観客の熱も含んでの公演全体を見ることができる座席と言えます!

実際のスタンド席からのステージの見え方は以下のような様子です。

横浜アリーナの所在地とアクセス!

横浜アリーナの所在地とアクセスについては以下の通りになります。

横浜アリーナ

〒222-0033 横浜市港北区新横浜3丁目10番地

TEL 045-474-4000

電車でのアクセス

  • 横浜市営地下鉄ブルーライン『新横浜駅』7番出入口より、徒歩4分
  • JR新幹線『新横浜駅』東口より、徒歩5分
  • JR横浜線『新横浜駅』北口より、徒歩5分

横浜アリーナは新幹線も停まるJR新横浜駅が最寄り駅であるため、遠征する方は分かりやすいでしょう。

地下鉄からのアクセスは、JRよりも出口が近く、JRと比べると空いているそうです。

まとめ

今回は横浜アリーナの座席をセンター席、アリーナ席、スタンド席の各ブロックごとにそれぞれ見え方を調査してきました。

横浜アリーナの座席の呼び方は一般的なアリーナのものと違っているのでチケット発行などの際には間違えないように注意が必要です!

  • センター席(一般的でいうアリーナ席

見え方:ステージ上のアーティストの様子が良く見える。

※後方などは見にくい場合もある。

  • アリーナ席(一般的でいう1階スタンド席

見え方:ステージ全体がよく見える。

 ※アリーナ席後方の固定通路部分は立見席として使用されることがある。

  • スタンド席(一般的にいう2階スタンド席)

見え方:ステージ全体や周りの観客の熱も含んでの公演全体を見ることができる。

物理的にステージから距離があり、席によってはステージ上の演出の詳細が肉眼では見えにくいことも。双眼鏡があると良い。

車を高く売りたい人に朗報! 車一括査定おすすめランキング7 車一括査定の使い方選び方を徹底解説