生活

潮干狩りに適した格好は?道具はダイソーやホームセンターで揃えよう

潮干狩り 格好
tomoko

監修者のTomoko Takahashiです。当サイトコンテンツのファクトチェックを担当しています。
【職種】データサイエンティスト|データサイエンティスト協会会員
【経歴】独立系シンクタンクに勤務。「人流・商圏分析」「ファクト調査」を担当
【資格】基本情報技術者|FP技能士
ご質問|●プロフ詳細|●Twitter

潮干狩りのシーズンになると、子供から大人までワクワクしてしまいますよね。

潮干狩りは、まるで宝探しのような楽しさがあり、1度経験するとハマってしまう人も多いイベントです。

しかし「今年初めて、潮干狩りデビューをする予定」「子供が楽しめる年齢になったのでチャレンジしてみたい」という方も多いはず!

そんな時には「潮干狩りにどんな格好で行ったら良いのか?」「潮干狩りの道具ってどこで揃えられるの?」と、次々と疑問が生まれてしまうでしょう。

そこで今回の記事では、潮干狩りに適した格好は?道具はダイソーやホームセンターで揃えようと題して解説していきます!

この記事でわかること

  • 潮干狩りに適した格好は?(潮干狩りに出かける時期別に紹介!)
  • ダイソーやホームセンターで揃えられる「潮干狩りセット」を調査

潮干狩りに適した格好は?

潮干狩りを楽しめる期間は以外にも長く、3月の中旬あたり~9月の中旬頃です。

約「半年間」もの間楽しむことができますので、時期によって気温が違ってきます。

3月と真夏の暑い時期では、格好も変わりますよね。

月ごとの潮干狩りに適した格好を確認していきましょう。

  • 3月~4月ヒートテック(上下)・ウインドブレーカーまたはレインコート・冬用の暖かい靴下・長靴
  • 5月~6月:長袖・長ズボン・マリンシューズまたはサンダル・ウインドブレーカー・帽子
  • 7月~9月:お子さまは水着などの濡れても良い格好・半袖・ショートパンツ・羽織れるパーカー(日焼け対策)・帽子

3月~4月は、まだ気温も低く、水温はかなり冷たい状態です。

平均気温は関東で14℃~15℃前後。

上下ヒートテックで体を温め、ウインドブレーカーなどでしっかり防寒対策をしましょう。

ウインドブレーカーは薄手のものでもOK!

風を通さないので、寒さから守ってくれますし、簡単に脱ぎ着できるのも嬉しいですね。

特に下半身は大変冷えやすいため、念のため冬用の靴下(厚手のもの)を持参するのがおすすめ。

足元が水に濡れてしまうと体温が下がってしまうので、3月~4月の潮干狩りは「長靴」を履くのが良いでしょう。

潮干狩りのメインともいえる「アサリ」が1番取れる時期は4月です。

まだ少し肌寒く感じる日もありますが、ゴールデンウィーク前だと、たくさんのアサリを取るチャンスがありそうですね!

続いて5月~6月ですが、気温も水温も3月頃に比べるとかなり上がってきます。

しかし、いつ天気が急変するか分かりませんので、万全の準備をしておきましょう。

少し厚着でも、天気が良ければいつでも脱げるような格好がおすすめです。

夕方には寒くなってきますので、行く時間帯も考慮して準備しましょう。

この時期の足元は、マリンシューズかサンダルでも問題ないですが、念のため靴下は持参していくようにしてください。

7月~9月は、夏休み時期ということもあり、潮干狩りに出かける方も多くなります。

この時期に最も注意すべきポイントは「熱中症」「日焼け対策」です。

日差しが強い日が多いので、帽子は必需品!忘れずに持って行くようにしましょう。

どれほど暑く、天気の良い日であっても、必ず日焼け防止のために上着を忘れずに!

潮干狩りの道具はダイソーやホームセンターで揃えよう

潮干狩りに必要な道具は次のようになります。

  • バケツ(取った貝を入れるもの)
  • 熊手
  • タオル
  • 軍手(なくても可)
  • クーラーボックス(取った貝を持ち帰るため)
  • 保冷剤(貝を新鮮に保つため)
  • 着替え

上記は、最低限用意したいものです。

この他「あった方が便利」なものは、レジャーシートや折り畳みの椅子。

長時間潮干狩りを楽しむ予定であれば、休憩することもあるはずです。

ダイソーでは「潮干狩りセット」が販売されており、300円で購入できます。

バケツや軍手、タオルも売っていますので、着替え以外は一通り揃えることができるでしょう。

万が一、サンダルや帽子を忘れてしまった場合でも、ダイソーで購入できるのが嬉しいですね。

また、ダイソーでは、簡易的なクーラーボックスも売られています。

保冷剤(または氷)を入れることで、貝の鮮度をしっかり保ったまま持ち帰ることができるのでおすすめです。

ホームセンターでも潮干狩りの道具がたくさん販売されています。

ホームセンターであれば、折りたたみ椅子も揃いますので安心ですね。

潮干狩りは、想像以上に夢中になってしまうので、時間を忘れて楽しんでしまうことも多いはず。

日焼け止めクリームがあると重宝するでしょう。

まとめ

今回の記事では、潮干狩りに適した格好やダイソーやホームセンターで揃えることができる道具について調査してきました。

潮干狩りに適した格好は、寒さ対策や日焼け防止など「羽織れるものを持参する」ことが大切でしたね。

必要な道具は、手軽にダイソーやホームセンターで揃えることができるので安心。

お子さまとの思い出作りやデートにもピッタリの潮干狩り。

自分たちで取った貝を持ち帰って、それが食卓に並ぶのも潮干狩りの醍醐味です。

ぜひ、楽しい思い出作りを兼ねて、潮干狩りに出かけてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。