音楽

京セラドーム大阪のライブの見え方と座席表!アリーナとスタンドを調査!

京セラドーム大阪のライブのチケットが当選したらもちろん気になるのは座席からの見え方ですよね。

京セラドーム大阪は、ドーム球場兼複合レジャー施設でプロ野球の試合でよく使われていて有名ですよね!

もちろんコンサートでもたくさんの大物アーティストなどがライブを行なっていて海外のアーティストのライブにも使われますね。

野球試合での使用時よりコンサートでの使用の方が多く、最大収容人数は45.000人の大型多目的施設です。

この記事でわかること

  • 京セラドーム大阪のライブの見え方と座席表!
  • 京セラドーム大阪のアリーナからの見え方と座席表!
  • 京セラドーム大阪のスタンドからの見え方と座席表!
  • 京セラドーム大阪の見えない席はどこ?

京セラドーム大阪のライブの見え方と座席表!

京セラドーム大阪のライブの見え方と座席表の全体の雰囲気はこのような感じです。

かなり大きな規模のコンサート会場ですね。

アリーナからの見え方と座席表!

それでは京セラドーム大阪のアリーナからの見え方と座席表をご紹介します!

京セラドーム大阪はステージを真ん中に設置したりアーティストごとに変更されますのでそうなると、アリーナも席の組み方は変わってきます。

京セラドーム大阪は野球ドームなので、ステージを外野側の前方としての一般的な使い方でご説明しますね。

アリーナの最前列の座席は約200〜250席ほどです。

アリーナ席の前方はかなりアーティストとの距離が近く見やすいですね。

京セラドーム大阪の中央でもステージとの距離はけっこう離れていますので、前の方や自分の体格で見え方は変わってきます。

肉眼では見にくいですね。

しかし大きなコンサート会場にはスクリーンがあるのでまったく見れないことはないですよ!

スタンドからの見え方と座席表!

次に京セラドーム大阪のスタンドからの見え方と座席表をご紹介します!

 

京セラドーム大阪のスタンド席は高さがかなりあるので、ステージ前の前方の席からはステージが見やすいですね。

しかし距離があるのでアーティストをしっかり見たい方は双眼鏡を使いましょう!

スタンドの後方は高さと距離がかなりあるのでステージのアーティストの顔は全く見えないですね。

前の人も動いたりするので見え方にはやはり差があります。

しかしスクリーンはかろうじて肉眼で見えます。

必ず双眼鏡を持参しましょう。

京セラドーム大阪のライブが見えない席はどこ?

では京セラドーム大阪のライブで見えない席はどこでしょうか?

やはり4万人規模の大型施設ですので、アリーナ席でも後方はステージから90mも離れているので前の人などで変わりますが、見にくい印象ですね。

後ろの座席に当選した方は必ず双眼鏡は持参してくださいね!

そしてステージ横のスタンド席はどうしても横からになっちゃいますので、見にくいです。

しかし花道やトロッコ、バックステージなどを使用するライブが多いので運が良ければ、近くにアーティストが来てくれるかもしれませんよ!

まとめ

京セラドーム大阪は最大級の施設なので座席によってはかなり見え方にばらつきはあります。

アリーナの前方はステージとの距離が近く見やすいが、中央は前方の人によって見にくい席もあり、後方はかなり距離があるので双眼鏡は必ず持っていきましょう。

スタンドも前方はアリーナの後方に比べると高さがあるのでステージが見やすいです。中央と後方はすごく遠いので、双眼鏡とスクリーンをうまく使って見ましょう。

しかしアーティストによっては花道やトロッコ、バックステージなどを使用する演出があるかもしれないので近くでアーティストを見れる可能性もあります。