※当サイトは企業広告(PR)などを掲載しています。
生活

お金のかからない土地活用!複数プロの意見(無料)を聞いて失敗防止

FP技能士が「お金のかからない土地活用」を解説
tomoko

監修者のTomoko Takahashiです。当サイトコンテンツのファクトチェックを担当しています。
【職種】データサイエンティスト|データサイエンティスト協会会員
【経歴】独立系シンクタンクに勤務。「人流・商圏分析」「ファクト調査」を担当
【資格】基本情報技術者|FP技能士
ご質問|●プロフ詳細|●Twitter

以下、FP技能士が解説します!

お金のかからない土地の活用は、資金の大小に関らず、目的や環境によって色々な方法があります。

また、しっかりした調査の下で、資金を投入することで、その収益性が倍増するのは珍しいケースではありません。

有効活用したい土地があるのなら、資金の大小にかかわらず、先ずは複数のプロに相談して、判断する上での選択肢を増やすのが極めて重要です。

無料で複数プランの提示が期待できるシステムがあるので、是非、ご活用ください。

なぜ、土地活用では複数のプロ意見を聞くのが重要なのか

ネット検索で収集できる情報は限られている

先ず重要なこと!それは「ネット検索で収集できる情報は限られている」ということです。

極めて重要な情報とされているものの中には、ネット上には存在しない情報があります。

すなわち、ネット上に存在しないのですから、どれだけ丁寧に時間をかけてネット検索しても、ヒットするはずがない情報があるのです。

こした情報は、その道のプロ(専門家)を介さない限り、入手できません。

よって、ネット検索だけで、大事な土地の活用方法を判断するのは、極めて危険と言わざるを得ません。

プロにはそれぞれの得意分野がある

医師や弁護士などと同様に、専門的な知識と高度な判断が必要とされる業については、それぞれの得意分野があります。

医師なら内科や外科、弁護士なら事件・事故、相続問題、知的財産などです。

不動産の分野も同じです。それぞれのプロや事業者によって、土地の活用方法についても得意分野があります。

したがって、最初から1人のプロや1つの事業者に頼ってしまうのはリスクが高いと言わざるを得ません。

先ずは、多くの事業者に一括して無料相談し、プランの提示をしてもらえるシステムがあるので、最初の段階で活用するのが有効かつ合理的です。
以下のバナーから無料一括相談が可能です。

不動産関係のトラブルに関する国民生活センターの統計

下の画像は「国民生活センター」のページをキャプチャーしたものです。

不動産関係のトラブルが多く寄せれれているのが確認できます。

やはり、素人判断は禁物で、土地活用については、プロの意見や助言を受けながら進めるのが得策といえます。

国民生活センター
出典:国民生活センター

土地の有効活用事例

以下は、一般的な土地の有効活用方法の例です。

広告媒体として貸し出す

道路沿いにある土地は、看板や広告媒体として利用することができます。規制に適合する場合、広告主と契約を結び、広告媒体として利用することができます。

駐車場として貸し出す

住宅地などで、駐車場不足が問題になっている場合、土地を駐車場として貸し出すことができます。道路沿いにある土地などは、需要が高いため、収入につながる可能性があります。

レジャー用地として貸し出す

森林地や湖畔、川沿いなど、自然に恵まれた土地は、キャンプやバーベキュー、釣りなどのレジャー用地として貸し出すことができます。ただし、賃貸借契約や許可申請が必要な場合があります。

イベントスペースとして貸し出す

イベントスペースとして利用できる土地は、都市部でも需要があります。例えば、食品イベントやマーケット、音楽フェスなどが開催されることがあります。イベント企画者や主催者と提携することで、土地を貸し出し、収益を得ることができます。

コミュニティスペースとして提供する

地域のコミュニティ活動に使われるスペースを提供することで、地域の発展に貢献することができます。例えば、フリーマーケットや地域イベント、運動会などが開催される場合があります。

自分で畑や庭園を作る

土地が農業用地に適している場合、自分で畑や庭園を作って、野菜や果物を育てることができます。種や苗、土壌改良剤などの購入が必要ですが、自家消費用に限定すれば、比較的安価に済むでしょう。

まとめ

お金のかからない土地活用について解説しました。

方法は、目的や環境によって色々ありますが、何よりも大切なのは偏った自己満足な情報収集によって、本来なら選べるはずの選択肢が机上にあがってこないことです。

今は、無料で複数のプロから意見をもらえるシステムがあるので、先ずは活用してみて、その後の判断をするのが賢い方法だと思います。
【無料】資料請求【タウンライフ土地活用】

車を高く売りたい人に朗報! 車一括査定おすすめランキング7 車一括査定の使い方選び方を徹底解説