※当サイトは企業広告(PR)などを掲載しています。
学び・学習

コオロギを食用にするデメリット!栄養素についても徹底調査!

tomoko

監修者のTomoko Takahashiです。当サイトコンテンツのファクトチェックを担当しています。
【職種】データサイエンティスト|データサイエンティスト協会会員
【経歴】独立系シンクタンクに勤務。「人流・商圏分析」「ファクト調査」を担当
【資格】基本情報技術者|FP技能士
ご質問|●プロフ詳細|●Twitter

みなさんは、コオロギを食用にすることのメリットやデメリットについて知りたくはありませんか?

また、コオロギがどんな栄養素を含んでいるかについても気になりませんか?

という事で今回は「コオロギを食用にするデメリット!栄養素についても徹底調査!」と題して記事をお届けいたします!

この記事でわかること

  • コオロギを食用にすることのメリットとデメリットは何か?
  • コオロギはどんな栄養素を含んでいるのか?

ぜひ最後まで楽しんでご覧ください!

コオロギを食用にするメリットとデメリット!

さて、コオロギを食用にするメリットやデメリットについて見ていく前に、まずはコオロギ食を含めた昆虫食についての基本情報をおさらいしておきましょう。

昆虫食についての基本情報

そもそも昆虫食とは、その名の通り「昆虫を食べること」です。

昆虫を食べるという文化が浸透していない日本人にとっては、昆虫食はまだまだ抵抗があるものと思われます。

ですが世界中を見渡してみると、実は昆虫を食べる文化を持つ国はそう珍しくはありません。

現在販売されている昆虫食には、以下のように様々な種類があります。

  • コオロギやバッタなどの昆虫を乾燥させ粉砕し、粉末状にしたものを混ぜ込んだクッキーやパン。
  • バッタをその姿のまま揚げた揚げ物。
  • 昆虫から抽出したエキスを使った調味料や飲み物。 などなど

そして数ある昆虫食の中でも、ひと際今注目を集めているのが、「コオロギ食」です。

そんなコオロギ食に関する理解を深めていただくために、ここではコオロギを食用にすることのメリット・デメリットについて解説します!

コオロギを食用にすることのメリット

①効率よくタンパク質を接種できる

コオロギを食用にすることのメリットの1つ目は、効率よくタンパク質を接種できることです。

コオロギは、肉や魚に匹敵するほどの高タンパク質食品です。

タンパク質は、生物にとって基本的な体の構成要素となる栄養であり、免疫機能を支える役割もあります。

②環境にやさしい

コオロギを食用にすることのメリットの2つ目は、環境にやさしいことです。

コオロギは、豚や牛などの家畜と比べて、飼育に必要な水や餌が少なく、排泄物も少ないため、環境にやさしいと言えます。

③フードロス対策になること

コオロギを食用にすることのメリットの3つ目は、フードロス対策になることです。

コオロギは雑食です。

よって、捨てられてしまう食品などを餌として利用すれば、フードロスの対策になります。

④繁殖させやすく、安定的に飼育できること

コオロギを食用にすることのメリットの4つ目は、繁殖させやすく、安定的に飼育できることです。

コオロギは、牛や豚などと言った家畜に比べて、繁殖効率が良いです。

また、農作物などと比べて天候に左右されにくいので、安定的に飼育することが出来ます。

コオロギを食用にすることのデメリット

①気持ちの面で誰でも食べたいと思うわけではない

コオロギを食用にすることのデメリットの1つ目は、気持ちの面で誰でも食べたいと思うわけではないことです。

昆虫を食べる文化のない日本では、コオロギを食べることに対して嫌悪感を持つ人もいるため、誰でも食べられるわけではないことが欠点としてあげられます。

②アレルギー反応を起こす可能性がある

コオロギを食用にすることのデメリットの2つ目は、アレルギー反応を起こす可能性があることです。

これはコオロギに限った話ではありませんが、一定の食べ物に対してアレルギー反応がある人もいるため、摂取には注意が必要でしょう。

③安全性に問題がある可能性があること

コオロギを食用にすることのデメリットの3つ目は、安全性に問題がある可能性が否定できないです。

コオロギの飼育環境が清潔でない場合、病原菌や細菌などを含んでいる可能性も否定できません。

また、野生のコオロギの場合は、人間の体に有害なものを接種している可能性も否定できません。

コオロギはどんな栄養素を含んでいるの?

コオロギは、次のような栄養素の数々を含んでいます。

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • 鉄分
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミン
  • オメガ3

これらの栄養素はどれも、人間が健康を維持していくために、大きな役割を果たします。

加えてコオロギには、食物繊維が含まれており、腸内環境を整えたり、血糖値の上昇を緩やかにするなどの効果があります。

よってコオロギは、まさに栄養素満点な食材だと言えます。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「コオロギを食用にするデメリット!栄養素についても徹底調査!」と題して記事をお届けいたしました!

この記事のまとめ

  • コオロギを食用にすることのメリット
    • 効率よくタンパク質を接種できる
    • 環境にやさしい
    • フードロス対策になる
    • 安定的に繁殖させられる
  • コオロギを食用にすることのデメリット
    • 気持ちの面で誰でも食べたいと思うわけではないこと
    • アレルギー反応を起こす可能性が否定できないこと
    • 安全性に問題がある可能性があること
  • コオロギはタンパク質に加え、亜鉛、鉄分、カルシウム、マグネシウム、ビタミン、オメガ3の栄養素に加えて、食物繊維も含んでいる。

最後までお読みいただきありがとうございました。

車を高く売りたい人に朗報! 車一括査定おすすめランキング7 車一括査定の使い方選び方を徹底解説