番組

僕愛君愛の順番はどちらから見る?あらすじについても調査!

「僕が愛したすべての君へ」「君を愛したひとりの僕へ」が、2022年10月7日(金)にアニメーションで映画化されて2作同日公開されますね。

「僕が愛したすべての君へ」を「僕愛」、「君を愛したひとりの僕へ」を「君愛」と呼んでいて、どちらを先に見るか順番で結末が大きく変わる作品だと話題になっています。

「僕愛」「君愛」はTikTokで評判になりましたが、累計発行部数28万部を突破した人気小説で、乙野四方字(おとのよもじ)さんの原作です。

主人公の声は宮沢氷魚さんが声優に初挑戦され、ヒロインは橋本愛さんと蒔田彩珠さんが声優として演じられます。

「僕愛」の主題歌は須田景凪(すだけいな)さん、「君愛」はSaucy Dogで、どちらも書き下ろしだそうです。

今回は「僕が愛したすべての君へ」「君を愛したひとりの僕へ」は、どちらを先に見るのがおすすめかと、この2作品のあらすじについて調査したいと思います。

この記事でわかること

  • 僕愛、君愛の見る順番について
  • 僕愛、君愛のあらすじについて

僕愛君愛の順番はどちらから見る?

僕愛君愛を見る順番は、君愛(君を愛したひとりの僕へ)→僕愛(僕が愛したすべての君へ)の順番がおすすめです。

この物語は主人公が選択した現在の世界と、選ばなかったもう一つの世界の2種類を表現していて、主人公が選ばなかった世界を並行世界と呼んでいます。

「僕が愛したすべての君へ」は現在世界で比較的幸せな物語、「君が愛したひとりの僕へ」は並行世界で切ない物語です。

映画化されると印象が変わることもありますが、小説を読んでみる限りでは、君愛→僕愛の方が物語の世界観に入れるように思います。

 

 

僕愛君愛のあらすじは?

僕愛君愛のあらすじをご紹介する前に、登場人物を整理しておきたいと思います。

  • 主人公:高崎暦(たかさきこよみ)/日高暦(ひだかこよみ) 僕愛君愛共通の主人公
  • 僕愛のヒロイン:瀧川和音(たきがわかずね) 暦の恋人で結婚相手 (君愛では暦の研究のパートナー)
  • 君愛のヒロイン:佐藤栞(さとうしおり) 暦の幼なじみでお互いに恋心を抱くようになる

 

僕愛(僕が愛したすべての君へ)のあらすじからご紹介します。

暦と和音は高校の同級生で、卒業して付き合い始め、やがて結婚します。

時々違和感を感じながらも、幸福な人生を送ったというストーリーで、君愛への伏線が組み込まれています。

 

君愛(君を愛したひとりの僕へ)は、暦と栞は虚質科学研究所で知り合い仲良くなります。

2人とも両親は離婚していて、暦の父親と栞の母親の再婚話が浮上します。

兄妹になっては結婚できないと早合点した2人は、並行世界で結ばれようとするが思い通りにはならなくて…というストーリーです。

ネタバレになるので、続きは見てのお楽しみにとしておきますが、物語の中にある並行世界について補足したいと思います。

並行世界は無数にあり、隣り合った並行世界ではほぼ同じように暮らしていて、遠いところにある並行世界では大きく変化しています。

そして並行世界へ移動するということは、その世界の自分と入れ替わることで、精神だけが入れ替わるそうです。

うまく説明できませんが、並行世界はストーリーの中心になります。

まとめ

僕愛君愛の見る順番は、「君を愛したひとりの僕へ」を先に見てから「僕が愛したすべての君へ」を見るのがおすすめです。

僕愛を先に見ると、その根底になっているドラマがわからないのではないかと思うからです。

もちろん小説を読まれているなら、お好きな方で。

アニメーション化された主人公がそれぞれの世界でヒロインを愛する姿に、感動の嵐が吹き荒れるかもしれません。

10月7日の公開が待ち遠しいですね。