音楽

【優里】おにごっこの歌詞の意味を考察!かくれんぼのアンサーソング!

2022年9月12日配信の優里さんの「おにごっこ」、「かくれんぼ」を男性目線から描いたアフターストーリーと言うことで話題になっています。

「かくれんぼ」では、彼女が主人公のもとから“かくれんぼ”したように去ってしまったという歌詞でしたが、アンサーソングとなる「おにごっこ」の歌詞はどのような意味があるのか気になりますよね。

そこでこの記事では、優里さんの「おにごっこ」の歌詞の意味を考察してみました。

この記事で分かること

  • 優里「おにごっこ」の歌詞の意味考察
  • 優里「おにごっこ」のSNSの反応

\期間限定9/7までの登録で3ヶ月無料/

優里「おにごっこ」の歌詞の意味を考察!

優里さんのおにごっこの歌詞の意味を考察してみました。

優里さんの「おにごっこ」は、幼なじみの女性からのアプローチで軽い気持ちで付き合っていた男性に視点を合わせた話だと考察します。

付き合っていた彼女はいつも男性に献身的で、たくさん尽くしてくれるのが当たり前になっていました。

そんな彼女を次第に鬱陶しくなり、男性は自分本位に振る舞います。

優しい彼女は男性に次第に愛想を尽かしていきますが、女性の気持ちが完全に離れる手遅れになるまで男性は彼女の気持ちに気付くことはありませんでした。

いつものように出かけて行った彼女は男性の元にもう戻ってきません。

そこで初めて男性は、鬱陶しく思っていた彼女の存在のかけがえのなさに気付きます。

彼女はいつも男性を、おにごっこの鬼のように追いかけてくれていました。

彼女を失ったことを後悔して、男性は初めて追いかけようとします。

そして、連絡しようと試みますが彼女からの返信はありません。

自分の至らなさにとても後悔し彼女に未練が残っている男性でしたが、しばらくして駅のホームで彼女を見かけます。

少し雰囲気が変わった彼女を見て、時間の経過を感じ声をかけたいのですが勇気が出ません。

しかし、彼女を好きな気持ちは変わらないことに気づき、自分が追いかける側になってもいいのでまた彼女とやり直したいと思います。

「幼い頃に鬼ごっこに飽きて家に帰ったときのように、また自分の元へ戻ってきてほしいと願っている」と言った歌詞の意味ではないでしょうか。

 

優里さんの曲はamazon music UNLIMITEDで配信中です!

初回登録で通常1か月無料のところ、9月7日までの登録限定で3か月無料となっています。

お得な機会にぜひお試しください。

\期間限定9/7までの登録で3ヶ月無料/

優里「おにごっこ」にSNSの反応は?

優里さんの「おにごっこ」を聞いた、SNSの反応をまとめてみました。

「おにごっこ」と言うとイメージ的に明るいような感じもありますが、実際は情景が浮かんで感情移入できてしまう曲となっています。

優里さんの「おにごっこ」は神曲すぎると言う意見もありました。