音楽

Snow Manライブ2022の倍率予想!狙い目会場についても!

Snow Manの2ndアルバム「Snow Labo. S2」リリース決定と共にライブツアーの情報も解禁され色めき立っているファンも多いのではないでしょうか。

Snow Manファン待望のライブツアーは10月1日・2日の大阪城ホールを皮切りに、北海島や福岡、宮城など全国8都市を巡り12月の愛知ガイシホールで締めくくられます。

今回はアリーナツアーですが気になる倍率はどうなっているのでしょうか?

そこでこの記事では、Snow Manライブ2022の倍率予想と狙い目会場について調査してみました。

この記事でわかること

  • Snow Manライブ2022の倍率予想
  • Snow Manライブ2022の狙い目会場を調査

Snow Manライブ2022の倍率予想!

Snow Manライブ2022のチケット当選倍率は最大8.7倍と予想しました。

当選倍率の計算方法

当選倍率=総応募数÷総収容人数

上記の計算方法で当選倍率を算出しましたが、次にそれぞれの詳細を見ていきましょう。

Snow Manライブ2022の収容人数

Snow Manライブ2022の総収容人数は約42万人です。

地域 会場 最大収容人数 公演数 総座席数
大阪 大阪城ホール 16,000 4 64,000
神奈川 横浜アリーナ 17,000 6 102,000
新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 10,000 4 40,000
北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 10,770 5 53,850
福岡 マリンメッセ福岡A館 15,000 4 60,000
静岡 エコパアリーナ 10,000 5 50,000
宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ 7,063 4 28,252
愛知 日本ガイシ スポーツプラザ ガイシホール 10,000 3 30,000
合計 35 428,102

以上の表より、全35公演、それぞれの会場の最大収容人数から算出した総座席数は428,102となります。

 

新型コロナウィルス感染拡大防止策が考慮されるなか全ての座席が解放されるかは発表されていないため分かりませんが、現時点では全て解放されることを想定して算出しています。

Snow Manライブ2022の応募者数

Snow Manライブ2022の応募者数はファンクラブ会員数から算出しました。

現在Snow Manのファンクラブ会員数はおよそ78万人と言われています。

 

ファンクラブ会員全員が今回のライブツアーに応募することはないと思いますので、4割~6割が応募すると仮定した人数を次の一覧にまとめてみました。

応募者数 1人1枚チケット申し込み 1人2枚チケット申し込み
FC会員の6割 468,000 936,000
FC会員の5割 390,000 780,000
FC会員の4割 312,000 624,000

Snow Manライブ2022の予想倍率

当選倍率予想の計算方式は先にお伝えしたとおり「当選倍率=総応募数÷総収容人数」です。

そこに今回のSnow Manライブ2022の応募ルールとして「チケットは1公演2枚まで/複数公演申込み可」となっています。

まずは1人1公演=最大2枚申し込んだ場合の倍率を見てみましょう。

チケット倍率 1人1枚チケット申し込み 1人2枚チケット申し込み
FC会員の6割 1.1 2.2
FC会員の5割 0.9 1.8
FC会員の4割 0.7 1.5

 

ちなみに、各会場の公演数は平均4公演なので1人あたり4公演に応募した場合は1人最大8枚になり、倍率は次のようになります。

チケット倍率 1人4枚申込み 1人6枚申込み 1人8枚申込み
FC会員の6割 4.4 6.6 8.7
FC会員の5割 3.6 5.5 7.3
FC会員の4割 2.9 4.4 5.8

 

そもそもファンクラブ会員78万人に対してライブツアー総収容人数42万人でおよそ半分と考えると、「座席数が足りない!」と感じるファンもいるのではないでしょうか。

 

そうなると、当然ながら当選倍率を考慮して1会場で行われる公演すべてに応募、または足を延ばせる2会場に応募するという形になる可能性は高いですよね。

中には2会場どころか行ける会場の全ての公演に応募する強者もいるかもしれず、もしかしたら倍率は更に上がり2ケタになる可能性もあるかもしれませんね。

Snow Manライブ2022の狙い目会場についても!

Snow Manライブ2022の狙い目の会場は次のように予想しました。

狙い目の会場予想

  • 神奈川/横浜アリーナ 10月5日(水)、6日(木)
  • 宮城/セキスイハイムスーパーアリーナ 12月8日(木)
  • 愛知/日本ガイシ スポーツプラザ ガイシホール 12月21日(水)

チケット倍率が下がりやすい条件としては以下を想定しています。

  • 記念日(メンバーの誕生日など)が被っていない
  • 会場キャパが大きい
  • 公演日が平日
  • 地方開催

まず一般的に平日に比べると金土日など週末や休日は動員数が上がる傾向にありますが、その中でも北海道公演はメンバーの渡辺翔太さん福岡公演は阿部亮平さんの誕生日が被っています。

両方ともキャパの大きい会場とはいえ、どちらも人が集まりやすい地域であることや週末開催であることも踏まえると倍率はかなり上がりそうですよね。

 

また、大阪、神奈川、新潟公演は宮舘涼太さん、岩本照さん、向井康二さん、目黒蓮さんのジャニーズ事務所への入所日が被っています。

誕生日まではいかなくても推しがいるファンにとっては応募の選択日に入りやすいかもしれません。

とはいえライブツアーのスタートを切る大阪は倍率が上がる可能性がありますが、神奈川は3日間の公演日程に水曜日と木曜日が含まれているため会場キャパの広さも考慮すると狙い目ではないかと予想しました。

 

前述で挙げた3会場以外では、静岡/エコパアリーナも金土日の開催であること以外は倍率が下がりやすそうな条件に当てはまります。

愛知/ガイシホールのツアー最終日は応募が集中しそうですが、前日の12月21日であれば週中の水曜日ということもあり意外といけるのではないでしょうか。

 

いずれもあくまで予想なので、考えすぎて迷ってしまった場合の参考にしてみてくださいね。

Snow Manライブ2022公演会場の近隣ホテル情報

Snow Manライブ2022に遠方から参加する方はホテルの予約も必要になりますよね。

せっかくチケットが取れても「泊まる場所がない!」なんてことにならないように、宿泊予約も早めに済ませておきましょう。

公演会場の近隣ホテル情報をご紹介しますので、よければ参考にしてみてくださいね。

大阪/大阪城ホール近隣ホテル

神奈川/横浜アリーナ近隣ホテル

新潟/朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター近隣ホテル

北海道/真駒内セキスイハイムアイスアリーナ近隣ホテル

福岡/マリンメッセ福岡A館近隣ホテル

静岡/エコパアリーナ近隣ホテル

宮城/セキスイハイムスーパーアリーナ近隣ホテル

愛知/日本ガイシ スポーツプラザ ガイシホール近隣ホテル

まとめ

Snow Manライブ2022の倍率予想と狙い目会場について調査してみましたが如何でしたか?

78万人と言われるファンクラブ会員数に対してライブツアー総42万の座席数と考えると、行けそうな会場すべての公演に申込みしたくなりますよね。

特にコロナ禍で我慢をしていた世情を振り返ると、行動制限のない今ならと動き出したくなる気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

転売を目的とした人に当たるのではなく、心から行きたいと願っているひとりでも多くのファンにチケットが当たることを祈りたいですね。