流星群

しし座流星群2022札幌の方角やピーク時間は?見える場所も!

例年11月なると見ることができるしし座流星群、札幌ではどの方角が見えるのでしょうか?

また、しし座流星群のピーク時間や札幌で見える場所も気になります。

そこでこの記事では

「しし座流星群2022札幌の見える方角やピーク時間・見える場所!」

と題して、札幌から見える方角やピーク時間、そして観測するのにおすすめのスポットを調べてみました。

この記事でわかること

  • しし座流星群2022札幌の見える方角!
  • しし座流星群2022札幌のピーク時間!
  • しし座流星群2022札幌の見える場所!

しし座流星群2022札幌の見える方角!

しし座流星群2022札幌の見える方角ですが、実は全方向から見ることができます。

しし座にある、放射点と呼ばれるポイントから放射線状に流れる流星の一群のことを、しし座流星群と呼びます。

放射状、つまり一点からあちらこちらへ流星が出現するため、夜空全体を見渡しながら探すことが大切です。

 

ただ月があると、月明かりが明るすぎてせっかくの流星が見えにくくなってしまいます。

ではどうすればいいか…答えは月を背にするということです。

ピーク時の月は、東方向に位置しています。

そのため、西方向を見るようにすると月を避けながら流星群観察ができます!

しし座流星群2022札幌のピーク時間!

しし座流星群2022札幌のピーク時間ですが、ズバリ11月22日の午前4時頃です!

18日の0時頃から少しずつ流星が見え始めます。

そしてピーク時間の4時頃には、1時間で15個ほどの流星を見ることが可能です。

その日は貫徹するか、早く起きるか…どちらにしても少し大変ですが、その大変さも忘れさせてくれるほどのステキな流星群が見られますよ!

しし座流星群2022札幌の見える場所!

しし座流星群2022札幌のおすすめの見える場所を3つご紹介致します。

流星を見るのにネックになるのは、明るさ。

特に市街地だと、街の明かりで見えにくくなります。

札幌だと、少し市街地を離れると見えやすくなると思います。

そんな札幌で特に流星観測におすすめのスポットを3つご紹介します。

①豊平峡ダム

しし座流星群2022札幌のおすすめ観測スポットの一つ目は「豊平峡ダム」です。

こちらは星空観測のイベントがおこなわれるほど、流星群鑑賞にはピッタリのスポット。

駐車場から星空がきれいに見られます。

ただししし座流星群は人気の流星群なので、駐車スペースがすぐ埋まってしまうかもしれません。

早めに行って場所を確保した方が良いと思われます!

【アクセス】

住所:札幌市南区定山渓840番地先

交通:車で、札幌市街地から約60分。

②さっぽろ湖第一展望台

しし座流星群2022札幌のおすすめ観測スポットの二つ目は「さっぽろ湖第一展望台」です。

さっぽろ湖は、定山渓ダムによってできた人造湖です。

こちらには4つの展望台がありますが、ダム全体を見られるのはこの第一展望台だけ。

とはいえ、どの展望台からでもきれいに流星を見ることはできますのでダムも楽しみたい方はこちら、星空を満喫したい方はその他の展望台もおすすめです。

【アクセス】

住所:札幌市南区定山渓8区

交通:車で、札幌市街地から約50分。

③道の駅 望羊中山

しし座流星群2022札幌のおすすめ観測スポットの三つ目は「道の駅 望羊中山」です。

「あげいも」で有名な道の駅ですが、天体観測スポットとしても人気があります。

市街地の明かりもなく、昼間だと羊蹄山も見えるほど見晴らしのいい所です。

あげいもは17:30までしか買えませんが、その後はじっくり流星群を楽しみましょう!

【アクセス】

住所:虻田郡喜茂別町字川上345番地

交通:車で、札幌市街地から約70分。

まとめ

「しし座流星群2022札幌の見える方角やピーク時間・見える場所!」をお届しましたがいかがでしたでしょうか?

札幌でしし座流星群は全方位で見ることが可能となっていますが、月を背にした西の方角が見えやすくなります。

ピーク時間は午前4時頃となっています。

夜中の札幌はとても寒くなっているため、無理のない程度で楽しんでくださいね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。