流星群

しし座流星群2022大阪の方角やピーク時間は?見える場所も!

しし座流星群が2022年11月18日にピークを迎えるそうです!

毎年11月に出現するしし座流星群ですが、しし座流星群を大阪から見るには、どの方角がよいのか、ピーク時間や観測スポットについて気になりますよね。

そこでこの記事では、

「しし座流星群2022大阪の方角やピーク時間は?見える場所も!」

と題して、大阪から見える方角やピーク時間、おすすめ観測スポットを調べてみました。

この記事でわかること

  • しし座流星群2022大阪の見える方角!
  • しし座流星群2022大阪のピーク時間!
  • しし座流星群2022大阪の見える場所!

しし座流星群2022大阪の見える方角は?

しし座流星群2022が大阪から見える方角は、全方向、夜空全体になります。

ただし、月明かりや市街地の灯りが視界に入ると流星を見つけにくくなってしまします。

できるだけ暗い場所で観測しましょう。

 

ところで、しし座流星群の流星がどこから出てくるのか気になりますよね。

しし座のアルギバエ付近がしし座流星群の放射点になりますので、東の空にあるしし座の位置を確認してみましょう。

11月18日の2時頃は、月のすぐ上にしし座が位置します。

残念ながら流星の放出点を探そうとすると、月が目に入って見えませんので、月を背にして観測する方が良さそうですね。

月を視界に入れないように、夜空全体を見渡すのが流星を見つけるポイントのようです。

しし座流星群2022大阪のピーク時間は?

しし座流星群2022大阪のピーク時間は、午前4時頃です。

日付が変わって11月18日になった頃から、夜が明ける頃までが見ごろになるそうです。

ピークの時間帯には、1時間に15個程度の流星が見える可能性もあるとか。

しし座流星群はかなり明るく見える流星が多いということですので、じっくり観測したいところですね。

しし座流星群2022大阪の見える場所は?

しし座流星群2022を大阪で見える場所をご紹介します。

大阪は街の灯りに影響を受けてしまうため、明るいところでは流星が見えにくくなります。

おすすめ観測スポット①ちはや園地

最初にご紹介する、しし座流星群2022大阪のおすすめ観測スポットは「ちはや園地」です。

ちはや園地は標高1050mに位置する自然公園です。

晴れた日には、明石海峡大橋や関空まで見渡せる展望台があります。

夜はかなり気温が下がりますので、防寒対策をしっかりしてお出かけください。

【アクセス】

住所:大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早

経路:梅田から車で約75分、電車で約70分

おすすめ観測スポット②緑の文化園

二つ目にご紹介する、しし座流星群2022大阪のおすすめ観測スポットは「緑の文化園」です。

緑の文化園は、49万㎡という広大な自然公園です。

広々としているので、ゆっくり流星の観測ができそうですね。

【アクセス】

住所:大阪府四条畷市逢坂

経路:梅田から車で約40分、電車で約50分

おすすめ観測スポット③枚方市野外活動センター

最後にご紹介するしし座流星群2022大阪のおすすめ観測スポットは、「枚方市野外活動センター」です。

枚方市野外活動センターは、季節ごとに様々なワークショップを開催されていて、大阪府下最大級の60㎝反射望遠鏡を使った、天体観望もあるそうです。

宿泊もできるそうですので、時間を気にせず星空を満喫してみるのも良いですね。

【アクセス】

住所:大阪府枚方市穂谷4550

経路:梅田から車で約50分、電車で約60分

まとめ

しし座流星群2022を大阪から見るには、月を視界に入れないようにしながら夜空全体を見渡すのがおすすめです。

ピークの時間帯は、11月18日の早朝4時頃になるようで、1時間に15個程度の流星が見られる可能性もあるそうです。

大阪は市街地の灯りが邪魔をして、流星が見えにくいことが考えられますので、街から離れた場所に出かけて観測するのが良さそうですね。

しっかり防寒対策をして楽しみましょう。