流星群

しし座流星群2022福岡の方角やピーク時間は?見える場所も!

2022年11月18日にピークを迎えるしし座流星群。

流星群によって見える方角やピーク時間に違いがありますが、今年のしし座流星群の見えやすい方角やピーク時間が気になるところですよね。

そこでこの記事では

「しし座流星群2022福岡の見える方角やピーク時間・見える場所!」

と題して、福岡から見える方角やピーク時間、そして見える場所を調べてみました。

この記事でわかること

  • しし座流星群2022福岡の見える方角!
  • しし座流星群2022福岡のピーク時間!
  • しし座流星群2022福岡の見える場所!

しし座流星群2022福岡の見える方角!

しし座流星群2022福岡の見える方角ですが、これはずばり全方向で見られます。

しし座流星群とは、しし座近くにある放射点から放射状に流れる流星の一群のため、空全体を観測していれば見ることができます。

 

ただ、月明りが邪魔をすることもあるので月を背にした西の方角が見えやすそうです。

しし座流星群がピークを迎える時間、月は東に位置しています。

しし座流星群2022福岡のピーク時間!

しし座流星群2022福岡のピーク時間は11月18日の午前4時頃です。

11月18日の0時頃から少しづつ流星が見え始めます。

そして18日の4時頃がピークとなり、1時間に15個ほど観測できると予測されます。

月を背にして、空全体を見渡すようにしながら眺めてみましょう。

しし座流星群2022福岡のおすすめ観測スポット!

しし座流星群を観測するときは、空全体を幅広く見渡せる場所が望ましいです。

また、市街地だと町明かりで見えづらいので、少しでも郊外の方がおすすめです。

そんな福岡の見える場所を3つご紹介します。

①星のふるさと公園

最初のしし座流星群2022福岡のおすすめの見える場所は、八女市の「星のふるさと公園」です。

こちらには九州最大級の天体望遠鏡がある星の文化館や、流星を芝生に寝っ転がってみることができる星の降る広場といった施設があります。

周辺も街頭が少なめで、肉眼でもたくさんの流星群が観測できます!

カップルで、ファミリーで、見渡す限りの星空を観測してみましょう。

【アクセス】

住所:福岡県八女市星野村10816-5

交通:広川インター・八女インターから車で約45分。

JR羽犬塚駅より八女市乗換えで電車・バスで約90分。

②米ノ山展望台

次に2022福岡のしし座流星群が見えるおすすめ観測スポットは糟屋郡篠栗町の「米ノ山展望台」です。

博多市街地を一望できる米の山展望台は標高594メートル。

車でしかアクセスできず、山頂への道幅が狭く暗いため注意して向かってください。

夜景スポットとして人気ですが、市街地の明かりが遠いので星空が広く流星をきれいに眺めることができます。

【アクセス】

住所:福岡県糟屋郡篠栗町

交通:福岡インターから車で約35分

③愛宕神社

しし座流星群2022福岡の見える場所は福岡市西区愛宕の「愛宕神社」です。

日本三大愛宕のひとつであり、近年ではパワースポットとしても人気があります。

展望台も設置されていますが、駐車場からでも十分観測できます。

市街地の明かりが近いため満天の星空は拝めませんが、アクセスしやすいので気軽に流星観測することができます。

【アクセス】

住所:福岡県福岡市西区愛宕2-7-1

交通:地下鉄室見駅から徒歩で約20分。

まとめ

「しし座流星群2022福岡の見える方角やピーク時間・見える場所!」をお届しましたがいかがでしたでしょうか?

2022年のしし座流星群の福岡での見える方角は全方位となっていますが、月を背にした西の方角が見えやすそうです。

しし座流星群のピーク時間については、11月18日の午前4時頃となっています。

だんだん寒くなってきており、夜中は特に冷え込みます。

寒さ対策をしてしし座流星群を楽しみましょう!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。