流星群

しし座流星群2022愛知(名古屋)の方角やピーク時間は?見える場所も!

11月中旬に見頃を迎えるしし座流星、愛知(名古屋)ではどの方角で見ることができるのでしょうか。

また見頃のピーク時間や愛知(名古屋)で見える観測スポットも気になりますよね。

そこでこの記事では、

しし座流星群2022愛知(名古屋)の方角やピーク時間・見える場所!」

と題して、愛知から見ることができる方角や時間、そしておすすめ観測スポットを調べてみました。

この記事でわかること

  • しし座流星群2022愛知(名古屋)の見える方角!
  • しし座流星群2022愛知(名古屋)のピーク時間!
  • しし座流星群2022愛知(名古屋)の見える場所!

しし座流星群2022愛知(名古屋)の見える方角!

しし座流星群2022愛知(名古屋)の見える方角ですが、空全体で見ることができます!

しし座のそばにある一点から放射状に流れる流星群をしし座流星群と言います。

ですので、しし座を見つけてそこを中心に夜空全体を見るのが最も効果的な流星群観測です。

 

どの方角からもしし座流星群を見ることができますが、月明りが邪魔になることもあります。

ピーク時間の月は東の方角に位置しています。

そのため、月を背にした西の方角の方が見やすくなっています

しし座流星群2022愛知(名古屋)のピーク時間!

しし座流星群2022愛知(名古屋)のピーク時間ですが、11月18日の午前4時頃となります。

18日の午前0時頃から少しずつ流星が見え始め、ピーク時間の午前4時頃には1時間に15個ほどの流星を見ることができるようです。

月明かりもですが、市街地の明かりや照明などの人工的な明かりを避けながら夜空全体を観測してみましょう。

しし座流星群2022愛知(名古屋)の見える場所は?

しし座流星群を観測するときの見える場所とは、空全体を見渡せる所であり、かつ市街地などの明かりを避けられる所となります。

そんな条件を満たす、愛知のおすすめ観測スポットを3つご紹介します。

①平和公園

しし座流星群2022愛知(名古屋)のおすすめ観測スポットの一つめは「平和公園」です。

第二次世界大戦後に、名古屋市内の多くの墓地を整備することでできた平和公園です。

桜の名所でもありますが、自然が広がる公園で星空も良く見えます。

名古屋市街地からも比較的近く、アクセスしやすいスポットです。

【アクセス】

住所:愛知県名古屋市千種区平和公園

交通:地下鉄東山線東山公園駅下車、徒歩20分

②茶臼山高原

しし座流星群2022愛知(名古屋)のおすすめ観測スポットの二つめは「茶臼山高原」です。

標高1415mと愛知県最高峰である茶臼山にある国定公園です。

芝桜や紅葉が有名ですが、星空観測でも人気のあるスポット。

名古屋市内からは2時間ほどかかりますが、市街地の明かりの影響は皆無なので、満天の星空を拝むことができます。

【アクセス】

住所:愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字五所平70-185

交通:名古屋市内から車で約2時間

③旭高原元気村

しし座流星群2022愛知(名古屋)のおすすめ観測スポットの三つめは「旭高原元気村」です。

こちらは、ロッジやバンガローといった宿泊施設や放牧場があり、高性能天体望遠鏡を備えた天文台もあります。

お月見会などの天文イベントも盛んで、ファミリーに人気のスポットです。

【アクセス】

住所:愛知県豊田市旭八幡町根山68-1

交通:名古屋市内から車で約1時間30分

まとめ

しし座流星群2022愛知(名古屋)の見える方角やピーク時間・見える場所」をお届しましたがいかがでしたでしょうか?

今年のしし座流星群の愛知(名古屋)では、全方角で見ることができます。

それでも、

  • 月明かりを避ける
  • 市街地の明かりを避ける
  • 空全体を注意深く見る
  • ピークとなる夜中の4時頃

上記に気を付けて観測すれば、比較的明るい流星群のため見つけることができるでしょう。

ぜひ、この機会に素敵な星空を満喫してください!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。