流星群

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)の見える方角やピーク時間・観測スポット!

毎年8月になると観ることのできる流星群に、ペルセウス座流星群があります。

1月のしぶんぎ座流星群と12月のふたご座流星群を加えた三大流星群として有名です。

しかもこのペルセウス座流星群はピークの日時がお盆休みの期間と重なるため、多くの方がゆっくり楽しめる流星群なのです。

そうなると、「いつ、どういったタイミングで見ることができるの?」とか「どこで、どう見ればきれいに観測できる?」といった疑問が湧いてくると思います。

そこでこの記事では、

「ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)の見える方角やピーク時間・観測スポット!」

と題して、神奈川(横浜)から見える方角やピーク時間、そしておすすめの観測スポットを調べてみました。

この記事でわかること

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)の見える方角!

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)のピーク時間!

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)のおすすめ観測スポット!

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)の見える方角!

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)の見える方角ですが、これは全方向で見ることができます

そのため夜空を見上げていれば見られるわけですが、今年のペルセウス座流星群のピーク時のタイミングで満月となり、月明かりが流星群を見つけにくくしてしまいます。

満月は、夜半には南に位置しており少しづつ西に向かいます。

ピーク時間には南西方向あるため、星空を見上げたら北から北東方向を見るようにすると月明かりを避けて流星群を見つけることができるでしょう。

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)のピーク時間!

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)のピーク時間ですが、8月13日の午前3時頃となっています。

前日12日の21時頃から少しづつ流星が見え始めて、ピーク時間の3時頃には1時間で30個ほど見ることができるでしょう。

明るいところから急に外に出ると、流星が見えづらくなります。

目を慣らすために15分ほど早めに外に出て目を慣らしてから、満月の位置にも気を付けて流星を探してみてください。

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)のおすすめ観測スポット!

ペルセウス座流星群を観察するにあたって、夜空全体を見渡せる場所が望ましいです。

さらに市街地の明かりも避けられると、より良く観察できます。

そんな条件に当てはまる、神奈川(横浜)のおすすめの観測スポットを3か所ご紹介します。

①根岸森林公園

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)のおすすめ観測スポットの1つ目は「根岸森林公園」です。

日本初の洋式競馬場である根岸競馬場の跡地に整備された公園で、市街地にありながら広大な芝生広場や見晴らし台もあります。

アクセスもしやすく、流星群を観測するのに足を運びやすいスポットです。

【アクセス】

住所:神奈川県横浜市中区根岸台

交通:JR京浜東北・根岸線根岸駅または山手駅から徒歩15分

②湘南平(高麗山公園)

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)のおすすめ観測スポットの2つ目は「湘南平(高麗山公園)」です。

湘南平にある高麗山公園からの眺望は、神奈川の景勝50選に選ばれるほど。

展望台もあり、満天の星空を楽しめることでしょう。

【アクセス】

住所:神奈川県平塚市万田790

交通:JR東海道線平塚駅からバス20分

③臨港パーク

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)のおすすめ観測スポットの3つ目は「臨港パーク」です。

こちらはみなとみらい地区最大の緑地で、芝生広場や水際線などから港方向に夜空を眺めることができます。

抜群のアクセスで雰囲気もとても良いので、カップルで夜空を楽しんでみましょう。

【アクセス】

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

交通:みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩5分

まとめ

「ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)の見える方角やピーク時間・観測スポット!」をお届けしましたがいかがでしたでしょうか?

今年のペルセウス座流星群は満月と重なってしまうため、流星が見つけづらいかんきょうとなっています。

ただ、ペルセウス座流星群は他の流星と比べて明るいため、満月や市街地の明かりを避けながら夜空全体を探してみると、見つけることができるでしょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。