人物

かとうみさと監督の年齢は?高校や大学についても徹底調査!

かとうみさと監督と、声優の武内駿輔さんがご結婚されたというニュースが飛び込んできました。

映像監督のかとうみさとさんは、多くのアーティストのミュージックビデオを手がけていて、「Official髭男dism」の「ノーダウト」で最優秀邦人新人アーティストビデオ賞を受賞されています。

また、MBSなどで9月1日から放送が始まった「少年のアビス」実写版の監督をされているのが、かとうみさとさんです。

そして武内駿輔さんは、「遊☆戯☆王VRAINS」や「A3!」「KING OF PRISM」などに出演されている人気声優さんです。

今回はあまり表舞台に立たれることのない、かとうみさと監督の年齢や、出身校などについて調査してみたいと思います。

この記事でわかること

  • かとうみさと監督の年齢について
  • かとうみさと監督の出身高校や出身大学について

かとうみさと監督の年齢は?

かとうみさと監督の年齢は、31歳です!

かとうみさと監督は、1991年9月7日生まれで宮城県の出身です。

映像監督とは、アーティストの方たちのイメージや夢を映像によって実現したり、リスナーの感想などを表現したりするようなお仕事だそうです。

かとうみさと監督は、Official髭男dism、阿部真央さん、Alexandros、ぼくのりりっくのぼうよみ、ポルカドットスティングレイなどなど、多くのアーティストのミュージックビデオを作成されています。

かとうさんは、ミュージックビデオを作成する際、その曲の歌詞に寄り添いすぎないように注意されているそうです。

なぜなら、歌詞に寄り添いすぎるとイメージが広がらないので、作品を作るときは直感を大切にしているからとのことでした。

かとうみさと監督の高校や大学は?

かとうみさと監督の出身高校は東北学院榴ケ岡高校、出身大学は東北芸術工科大学で、卒業後デジタルハリウッドでCGを学ばれました。

かとうさんが山形にある東北芸術工科大学に進学されたのは、放送作家の小山薫堂さんの授業を受けたかったからだそうです。

小山薫堂さんは「11PM」の台本でデビューされ、料理の鉄人や進ぬ!電波少年などの大ヒット番組を手掛けた方です。

その後かとうさんが映像の道へ進むきっかけとなったのが、大学2年生のときに東日本大震災を経験されたことだそうです。

それは、ライフラインが途切れた生活の中で、空にキャッチコピーが一言書かれただけのCMで、その映像だけで十分に気持ちが伝わったのだということでした。

 

まとめ

かとうみさと監督の年齢は31歳で、出身高校は東北学院榴ケ岡高校、出身大学は東北芸術工科大学でした。

卒業後、デジタルハリウッドでCGを学ばれて、現在はアートディレクターとして活躍されています。

かとうみさと監督が声優の武内駿輔さんと結婚されたのは、一緒にいると自分らしくいれるのだとか。

うらやましいですね、どうぞお幸せに!