イベント割

イベント割ジブリパークはいつから?チケット予約購入方法は!

2022年10月11日からイベント割が始まりましたね。

11月1日には愛知県にジブリパークがオープンしますので、イベント割の対象になるのか気になるところです。

また、ジブリパークにイベント割が適用されるなら、いつからいつまでになるのでしょう。

ジブリパークのチケットの予約や購入方法も、合わせてご紹介いたします。

この記事でわかること

  • 【イベント割】ジブリパークはいつからいつまでか
  • 【イベント割】ジブリパークのチケットの予約や購入方法
  • 【イベント割】ジブリパークの割引後の料金
  • 【イベント割】ジブリパークの使用方法
  • 【イベント割】ジブリパークに事前に購入していたチケットは使用できるか
  • ジブリパークにイベント割と全国旅行支援併用でお得に

イベント割でジブリパークはいつからいつまで?

ジブリパークのイベント割については、2022年10月26日時点では明らかになっていません。

ホームページ等でイベント割について見当たらなかったので、わかり次第更新いたします。

イベント割ジブリパーク予約購入方法は?

ジブリパークのイベント割の予約購入方法については、明らかになっていません。

こちらも、わかり次第更新いたします。

イベント割のチケットは、Klookというサイトでも予約購入が可能となっています。

ジブリパークについての記載はまだありませんが、イベント割が適用されればKlookの割引とあわせて最大30%オフになる場合もあるそうです。

ただし、ジブリパークのチケットは11月の入場分はすでに完売で、12月入場分のチケットの抽選販売も終了して、先着順の販売のみとなっています。

イベント割の対象期間が1月31日で、ジブリパークの1月入場分の抽選販売の受付期間が終了していることから考えると、ジブリパークがイベント割の対象になることはないかもしれません。

 

通常のジブリパークのチケットの購入には、Boo-Woo会員への登録をしてから予約ページで申し込みます。

ジブリパークのチケットは申し込みの日程が決まっていて、10月26日時点では2022年12月1日~28日のチケットが先着順で販売されています。

すでに2023年1月分の抽選販売の申し込み受付は終了しており、11月10日14時から2023年1月5日~30日の入場チケットが先着順で販売される予定です。

 

イベント割ジブリパークの料金は?

ジブリパークがイベント割の対象になる可能性は薄いように思われますので、ジブリパークにお得に入園できる方法を探してみたところ、今のところ、一番お得にジブリパークを利用できるのは、「となりのとよた割」ではないかと思われます。

「となりのとよた割」は、「とよた宿割」を利用してジブリパークの入園チケットの半券を提示すると、1,000円分の地域クーポンがもらえるというキャンペーンです。

「とよた宿割」は、愛知県の豊田市内の登録ホテルに泊まると1人1泊につき宿泊代金が割引され地域クーポンが付いて、あわせて最大19,000円もお得になるそうです!

「とよた宿割」は2023年3月31日までの予定ですので、ぜひとも検討したいところですね。

 

ジブリパークの入園料金はこちらです。

ジブリの大倉庫 平日料金 土・日・休日の料金
大人 2,000円 2,500円
子ども(4歳~小学生) 1,000円 1,250円
青春の丘 料金(平日・休日とも)
大人 1,000円
子ども(4歳~小学生) 500円
どんどこ森 料金(平日・休日とも)
大人 1,000円
子ども(4歳~小学生) 500円

3歳以下は入園無料となっています。

どんどこ森のチケットを購入された場合は、「サツキとメイの家」を除くどんどこ森の裏山で遊ぶことができるそうです。

また、チケットはすべて日時指定の予約制ですので、予約された時間にならないと入場できませんが、退場するのは何時でも大丈夫だとのことでした。

 

2023年2月入場分から、「ジブリの大倉庫」と「青春の丘」のセット入場券が発売されます。

ジブリの大倉庫と青春の丘セット入場券 平日料金 土・日・休日の料金
大人 3,000円 3,500円
子ども(4歳~小学生) 1,500円 1,750円

 

「となりのとよた割」は直接入場チケットの割引はありませんが、豊田市の登録店舗で買い物や食事をすることができますね。

予算の上限に達した場合と、新型コロナウィルスの状況によっては期間の変更もあるそうですので、早めに利用する方が良いでしょう。

イベント割ジブリパークの使用方法は?

ジブリパークがイベント割の対象になるかどうかまだ発表されていませんので、使用方法についてもわかりません。

通常のジブリパークのチケットについての注意事項がありましたので、ご紹介したいと思います。

チケットに代表者の氏名が記載されるそうですので、チケットを購入される際は、来場する本人の名前で申し込む必要があります。

代理の方の申し込みや、購入後に申込者(代表者)の変更はできず、申込者が来場できない場合のチケットは無効となってしまうそうです。

入場時に本人確認を行う場合があるそうですので、身分証明書を持って行きましょう。

同行者の方は代表者と同時入場となり、別で入場するということはできません。

チケットは、紙のチケットと電子チケットがあり、電子チケットを利用される場合はSMS(ショートメールサービス)が使えるものでないと、チケットが表示されないそうです。

電子チケットのQRコードには特殊な加工がしてあるため、プリントしたりスクリーンショットを利用したものは使えないそうです。

また、2月から発売される「青春の丘」と「ジブリの大倉庫」のセット券は、「紙のチケット」のみとのことでした。

イベント割ジブリパークですでに購入済みのチケットは?

イベント割が始まる前にジブリパークのチケットを購入していたということがあっても、残念ながらイベント割の適用はないとのことです。

ジブリパークのチケットの払い戻しについては、天候などによりジブリパークに入場できなくなった場合のみ検討され、お客様都合でのキャンセルは受付られないそうです。

イベント割と全国旅行支援でジブリパークをお得に!

待ちに待ったジブリパークの開園ですので、全国から訪れる方もたくさんいらっしゃることだと思います。

先ほどご紹介した「とよた割」の他に、全国旅行支援を利用してお得に旅する方法もありますね。

全国旅行支援を受けることのできる旅行サイト一覧はこちらです。

上記の旅行サイト名をクリックしていただきますと、全国旅行支援のページに飛びます。

全国旅行支援については完売している旅行サイトもあるそうですが、追加予算や自治体によっては予算が残っているところもあるとのこと。

こまめにチェックしておくのが良さそうですね。

まとめ

2022年11月1日にオープンするジブリパークのイベント割について調査してみたところ、ジブリパークのイベント割の適用はないのではないかと思われます。

その理由は、すでに2023年1月分のチケットの先行抽選申し込みが終了しているからです。

ジブリの世界が現実になったジブリパークはぜひとも行ってみたいところですので、「とよた割」や「全国旅行支援」を検討してみるのもおすすめですね。