第三回 酒都で聴く女流義太夫の会 女流義太夫 人間国宝 竹本駒之助を聴く



「鎌倉三代記 三浦別れの段」
太夫:竹本友和嘉  三味線:鶴澤友勇
「艶容女舞衣 酒屋の段」
太夫:竹本駒之助 三味線:鶴澤津賀花 高音:鶴澤駒清

2019年6月29日(土)
白鷹禄水苑 宮水ホール 14:00 開演

一昨年からは、人間国宝の竹本駒之助師匠をお迎えし女流義太夫の会。今回は、関西女流義太夫界の次世代を担う、太夫の竹本友和嘉さん、三味線の鶴澤友勇さんのお二人もお招きしての会となりました。お二人はそれぞれ人形浄瑠璃とゆかりの深い徳島、淡路を拠点に全国で活動し、地元での後進の指導や普及活動にも尽力されています。本日前半の第一部では、このお二人による、「鎌倉三代記 三浦別れの段」をお聴きいただきました。

第二部で駒之助師匠に語っていただいたのは、『艶容女舞衣(はですがたおんままいぎぬ)酒屋の段』です。本作は、実際に起きた心中事件を題材に、義理堅く人情に厚い人々の、微妙な心のうちを見事に表現した世話物の名曲です。相手を思いやるがゆえにより複雑に、幾重にも重なりあう、人々の一様ならざる心情の描写に、駒之助師の磨き抜かれた語りの魅力が遺憾なく発揮されます。人形や役者など視覚的要素を伴わない女流義太夫ですが、別次元で情景がまざまざと思い浮かべられるような語りでした。

この「酒屋の段」は禄水苑にとってはとても思い出深い演目です。今は亡き吉田文雀師匠が、その立ち上げに多大なご尽力をいただき、以来毎年ご出演いただくとともに応援し続けてくださいました、文楽公演「酒屋万来文楽」の第一回公演で遣ってくださったのがこの「酒屋の段」のお園だったのです。一昨年の第十回公演は文雀師匠の追悼公演として再び取り上げ、吉田和生さんにお園を遣っていただきました。このご縁の深い演目を今回駒之助師匠に語っていただいたことは大きな喜びです。

公演終了後、駒之助師匠が「文雀さんがいらしたら、きっと『酒屋の段』を一緒にやりましょうよ、と言われたでしょうね。」とおっしゃったのが印象に残ります。戦前から昭和40年代にかけて関西では女流義太夫と文楽人形との共演も盛んに行われており、若き日の駒之助師も文雀師とともに参加されていたということです。また実際に文雀師匠は生前「また一緒にやりましょう」と駒之助師匠にお声をかけられていたそうです。

こうしたエピソードもふまえ、今後も女流義太夫とゆかりの深い関西の地にある造り酒屋から、そのさらなる魅力を発信してゆきたいと思います。

 

 



未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.
白鷹禄水苑限定商品白鷹禄水苑のイベント情報文化アカデミーのご案内Englishレンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑のご案内