←開講講座一覧に戻る入会・受講のご案内 イベントのご案内

特別公開講座
2018年 能のふるさと逍遥
【前期】
(どなたでもご参加いただける講座で、入会金は不要です。)

近畿一円を舞台とする能を取り上げ、ゆかりの人物の足跡をしのびつつ、その物語にまつわる名所、古跡を一年を通じて訪ねます。実演もあわせた曲のわかりやすい解説とともに、折々の季節の風趣もお楽しみください。

お申し込み

講師
久田 舜一郎 (大倉流小鼓)
久田 陽春子 (大倉流小鼓)

受講料

1回 一般2,900円 (アカデミー会員  2,500円)
※資料費込み
※保険料込み

※どなたでもご参加いただける講座で、入会金は不要です。
※交通費・拝観料お食事代など、諸経費は実費となります。
※アカデミー会員についてはお問い合わせください。


定員
25名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

講師紹介
久田舜一郎(大倉流小鼓)

1961年大倉流宗家・故大倉長十郎師に入門。京阪神を中心に能楽五流の舞台に出演、海外公演参加多数。異ジャンルの音楽とのセッションなど、能の現代性を追及する試みも積極的に行う。長女陽春子も女性では珍しい大倉流小鼓方の若手ホープとして活躍中。1998年日本文化芸術奨励賞受賞。2011年兵庫県文化功労表彰、神戸文化活動功労賞、2017年兵庫県文化賞受賞。重要無形文化財総合指定保持者。西宮在住。

申し込み方法 お申し込みフォームにご記入の上、事前に禄水苑までお申し込み後、2週間以内に受講料のお振込み、あるいは禄水苑カウンターにてお支払いをお願いします。

お申し込み
<お振込み先>
三菱UFJ銀行 西宮支店
普通5065562 ハクタカロクスイエン
(恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担願います)


アカデミー会員についてはこちら>> 入会・受講のご案内

※ご入金をもって正式な受付とさせていただきます。上記期日内のご入金が確認できず、お申込者とご連絡がつかなかった場合、ご予約いただいていてもキャンセル扱いとさせていただきますので、ご了承ください。バス等の予約手配の都合上、ご理解賜りますようお願いいたします。
※ご入金後のご返金はいたしかねますのであらかじめご了承ください。万が一ご欠席の場合、代理の方のご参加や、
欠席されたご本人に限り、同年度内の他講座(原則として同講座は不可)への振り替えも可能です。
※開催日の1カ月前にキャンセルのご連絡をいただいた場合に限り、同年度内の同講座への振り替えも可能です。


その他
※おおむね8:30〜9:00頃にバス発着所に集合、昼食をはさんで15:00〜16:00頃帰路につき、バス発着所で解散の予定です。
行程や実費経費、集合場所の詳細は開催日の約一カ月前にご連絡いたします。
※お食事(3500円前後)は当方で手配します。
※バス代として別途3000〜4500円程度かかります。車中でも、先生の詳しいご講義があります。



日程

5/20
(日)

阿波の鳴門と湊川に「通盛(みちもり)」ゆかりの地を訪ねる


平通盛は清盛の弟教盛の長男。一の谷の合戦前夜、平家都落ちにまで伴った、愛する妻小宰相局に最後の別れを告げた後、湊川で討ち死にする。屋島へ逃れる船中で夫の死を知った小宰相局は、その後を追うように、一人静かに鳴門の海に入水した。『平家物語』『源平盛衰記』にも語られる通盛と小宰相局の悲恋物語の跡を訪ねる。
※JR三ノ宮駅発(予定)の貸し切りバスを利用




6/23
(土)
「御裳濯(みもすそ)」の舞台、伊勢神宮と五十鈴川

御裳濯川は、伊勢を流れる五十鈴川の別名。「御裳濯」は金春、喜多流のみに伝わる能で、曲中、御裳濯川の畔で二見興玉神社の神体が伊勢神宮参詣の廷臣の前に現れ、神宮の荘厳さや御裳濯川の清らかさを語り、二見の浜の白砂青松の様子を讃えて、太平の御代を寿ぐ。神宮参拝の前に禊を行う古式に従い、二見興玉神社を参詣後に神宮へ赴く。
※特別に喜多流シテ方、長田驍(たけし)氏にもご同行いただき、お謡いをご披露いただきます。
※JR京都駅発の貸し切りバスを利用

このたびの演奏は、喜多流シテ方、長田驍(たけし)氏にもご同行いただき、特別に二見ヶ浦にある国指定重要文化財の賓日館の能敷舞台にて、先生方による「御裳濯」、及びやはり伊勢国二見浦にゆかりの演目「歌占」の実演をお聴きいたします。
【行程】
8:00 JR 京都駅 西口改札 時計台(時の灯)前集合
※集合時に食事代、バス代、拝観利用料等あわせてお一人11,000円を徴収させていただきます。釣り銭のないようにご用意いただければ幸いです。
8:10 京都から貸し切りバスで出発 車中にて久田先生にお話をうかがいながら二見ヶ浦へ向かいます。
※途中休憩をはさみます。
11:00 二見興玉神社
主祭神は、猿田彦大御神(さるたひこのおおかみ)と、宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)。猿田彦大御神はみちひらきの神様と言われ、何かの始まりのときに力になってくれる神。宇迦御魂大神は伊勢神宮外宮の豊受大御神の別名とされている。また、この神社に参拝すると夫婦和合、縁結び、浄化などのご利益があるとさる。正面に見える夫婦岩は、沖合約700m先に鎮まる猿田彦大神縁りの霊石「興玉神石」と、日の大神を遙拝するための鳥居とみなされている。
古くより神宮参拝の前に二見浦の海水で心身を清める禊をする「浜参宮」という習わしがあり、現在でもまず神社に参拝し、お祓いを受けてから神宮へ向かう参拝者も多く「無垢塩祓い」を受けることによってその代わりとしている。式年遷宮の行事でも、お木曳行事やお白石持行事の参加者は浜参宮を行っていたという。
11:30 出発
11:35 賓日館
賓日館は明治20年、伊勢神宮に参拝する賓客の休憩・宿泊施設として、神宮の崇敬団体・神苑会によって建設された。明治天皇の母である英照皇太后のご宿泊に間に合うようにと、明治19年12月に着工、翌年2月19日に竣工。その後、明治末期から大正初期にかけてと昭和初期の2回の大増改築を重ね、現在の状態となった。明治24年7月29日から3週間余り、ご幼少時の大正天皇(明宮嘉仁親王)が避暑や療養、水泳訓練などを兼ねて滞在されたのをはじめ、歴代諸皇族、各界要人が数多く宿泊された。
そして明治44年2月には隣接する二見館(三重県初の政府登録国際観光ホテル)に払い下げられ、二見館の別館として平成11年まで貴人の宿泊所とされてきた。二見館の休業後、平成15年に二見町に寄贈。 賓日館では、建物だけでなく庭園も含めて、当時一流の建築家による品格のある洗練されたデザイン、選び抜かれた材料やそれに応える職人たちの技など、日本の伝統建築の粋を目の当たりにすることができる。国指定重要文化財。
11:50 - 12:20 舞台付きの120畳敷桃山式の大広間にて、特別に久田先生、長田驍氏による演奏をお聴きします。
12:30 食事 賓日館 翁の間
中広間「翁の間」にて仕出しをとってお食事をお召しあがりいただきます。
13:40 出発
14:00 外宮参拝
ご祭神の豊受大神宮は、天照大御神の食事を司る女神。名前のトヨは豊かさを表し、ウケは食べ物を示している。内宮のご鎮座から約500年後、第21代雄略天皇が夢に現れた天照大御神の神託に従って、丹波の国から豊受大御神を招いた。以来、豊受大御神は食事を司る「御饌の神」として伊勢神宮の外宮に鎮座している。
※白鷹は全国の蔵元で唯一神宮の神々にお供えする「御料酒」を奉納する栄誉を与えられています。外宮東北にある御饌殿において、天照大御神、豊受大御神をはじめとする神々に朝夕お食事をたる祭り、日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)という神事についてもご説明します。
14:40 内宮へ出発
14:50 内宮参拝
伊勢神宮は125社からなるお社の総称で、正式名称は「神宮」という。主祭神の天照大御神は、八百万の神々の中心に位置し、太陽にも例えられる神様。約2000年前、天照大御神の鎮座地を探して各地を巡っていた倭姫命が、天照大御神のお告げにより五十鈴川のほとりに内宮を建てたのが伊勢神宮の起源といわれている。

五十鈴川と御手洗場
五十鈴川は、「御裳濯」とも呼ばれ、倭姫命が御裳のすそを濯いだことから名付けられたと伝えられる。神路山を水源とする神路川と、島路山を源とする島路川の二つの流れが、合流して五十鈴川となりる。 御手洗場の流れは清らかさの象徴。内宮参道の右手のゆるやかな斜面を下りていくと、元禄5年(1692)徳川綱吉の生母、桂昌院寄進したといわれる石畳を敷き詰めた御手洗場が見え、ここでは手水舎と同じようにお清めがでる。
16:00 おはらい町通りを散策
16:00 バス待機駐車場へ
16:45 バスで帰路に ※途中休憩あり
19:30 京都駅 解散





9/15
(土)
仲秋の琵琶湖畔に「三井寺」の舞台を訪ねる

名月の夜に子の行方を求めて三井寺にやってきた物狂いの母親は、茫然とした気持ちで月光下の琵琶湖畔を見渡す。名月の夜の空間に響く鐘の音。観音の導きで子と巡り合う母。中秋の名月を控え、「三井の晩鐘」として近江八景のひとつにも挙げられ名勝、三井寺を訪ね、徐々に秋の気配が深まりつつある琵琶湖畔の風情を楽しむ。

※移動にJR京都駅発の貸し切りバスを利用





白鷹禄水苑のご案内 レンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑の酒オンラインショップ 文化アカデミーのご案内 白鷹禄水苑のイベント情報 禄水苑季節限定酒・酒粕・甘酒一覧
未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.
白鷹禄水苑限定商品白鷹禄水苑のイベント情報文化アカデミーのご案内Englishレンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑のご案内