←開講講座一覧に戻る入会・受講のご案内 イベントのご案内

白鷹禄水苑文化アカデミー特別公開講座 2019年度 前期
能のふるさと逍遥
(どなたでもご参加いただける講座で、入会金は不要です。)

近畿一円を舞台とする能を取り上げ、ゆかりの人物の足跡をしのびつつ、その物語にまつわる名所、古跡を一年を通じて訪ねます。実演もあわせた曲のわかりやすい解説とともに、折々の季節の風趣もお楽しみください。

お申し込み

講師
久田 舜一郎 (大倉流小鼓)
久田 陽春子 (大倉流小鼓)

受講料

1回 一般2,900円 (アカデミー会員  2,500円)
※資料費込み
※保険料込み

※どなたでもご参加いただける講座で、入会金は不要です。
※交通費・拝観志納料・お食事代など、諸経費は実費となります。
※アカデミー会員についてはお問い合わせください。


定員
25名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

講師紹介
久田舜一郎(大倉流小鼓)

1961年大倉流宗家・故大倉長十郎師に入門。京阪神を中心に能楽五流の舞台に出演、海外公演参加多数。異ジャンルの音楽とのセッションなど、能の現代性を追及する試みも積極的に行う。長女陽春子も女性では珍しい大倉流小鼓方の若手ホープとして活躍中。1998年日本文化芸術奨励賞受賞。2011年兵庫県文化功労表彰、神戸文化活動功労賞、2017年兵庫県文化賞受賞。重要無形文化財総合指定保持者。西宮在住。

申し込み方法 お申し込みフォームにご記入の上、事前に禄水苑までお申し込み後、2週間以内に受講料のお振込み、あるいは禄水苑カウンターにてお支払いをお願いします。

お申し込み
<お振込み先>
三菱UFJ銀行 西宮支店
普通5065562 ハクタカロクスイエン
(恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担願います)


アカデミー会員についてはこちら>> 入会・受講のご案内


※ご入金をもって正式な受付とさせていただきます。上記期日内のご入金が確認できず、お申込者とご連絡がつかなかった場合、ご予約いただいていてもキャンセル扱いとさせていただきますので、ご了承ください。バス等の予約手配の都合上、ご理解賜りますようお願いいたします。
※ご入金後のご返金はいたしかねますのであらかじめご了承ください。
※ご欠席の場合、代理の方のご参加や、欠席されたご本人に限り、同年度内の他講座(同講座については下記参照)への振り替えが可能です。

※開催日から数えて30日を切ってのキャンセルについては、同講座への振り替えができませんのでご注意ください。それ以前にキャンセルのご連絡をいただいた場合に限り、同年度内の空席のある同講座への振り替えも可能です。


その他
※おおむね8:30〜9:00頃にバス発着所に集合、昼食をはさんで15:00〜16:00頃帰路につき、バス発着所で解散の予定です。行程や実費経費、集合場所の詳細は開催日の約一カ月前にご連絡いたします。
※お食事(3500円前後)は当方で手配します。
※バス代として別途3000〜4500円程度かかります。車中でも、先生の詳しいご講義があります。



日程

4/21
(日)

「杜若(かきつばた)」の舞台、三河国八橋を訪ねる


「昔男ありけり」で始まる『伊勢物語』第九段、「東下り」の中でその男(在原業平)は三河国八橋の杜若を見て、京の都に残してきた妻を思い涙する。このエピソードを典拠とした能「杜若」の舞台となった愛知県知立市の無量寿寺は、カキツバタの群生地として平安時代から知られ、初夏になるとゆかりの花が昔忘れぬ紫の香をただよわせている。
※特別講師として久田三津子氏(観世流シテ方)をお迎えします。
※京都駅から貸し切りバスを利用





5/26
(日)
「鵺」ゆかりの地を巡る

『平家物語』には、源頼政に退治された妖怪、鵺は、丸木舟で川に流されたと記される。世阿弥はこの鵺をシテに、敗者の悲哀を勝者頼政の栄光と対比せて描いた。鵺が流れついた先とされる本曲の舞台となった摂津国芦屋の里の他、同じく鵺の亡骸を葬ったと伝わる大阪市都島や、かつて頼政の所領であった西脇市まで、鵺ゆかりの地を巡る。
※特別講師として、大森亮尚氏(古代民俗研究所所長)をお迎えします。
※大阪駅から貸し切りバスを利用



【行程】
8:00 JR 大阪駅 桜橋口 集合
※時間厳守でお願いいたします。
集合時に食事代、バス代、拝観志納料あわせてお一人9,000円を徴収させていただきますので、釣り銭のないようご用意いただければ幸いです。
8:10 貸し切りバスで出発 (途中トイレ休憩あり) 車中にて大森先生、久田先生のご講義をうかがいます。
8:30 鵺塚 都島本町三丁目18-4
『平家物語』によれば、平安末期の1153年(仁平3年)、京都の御所・紫宸殿に夜ごと鵺(ぬえ)という 怪獣が現われ、近衛天皇を夜毎悩ませていたが、侍臣の源三位頼政が矢で射落としたところ、この鵺は頭はサル、胴体はタヌキ、四肢はトラ、尾はヘビの姿であったという。  その後の話として、江戸初期の地誌 『芦分船』には、この怪獣を丸木船に載せ、淀川に流ししたところ、当時湿地帯であった当地に流れ着いたので、タタリを恐れた村人たちは、土に埋め祠を建てて「鵺塚」と呼び、ねんごろに祀ったと紹介されている。現在の塚は、明治の初め大阪府が改修したもので、祠も1957年(昭和32年)地元の人々により、改修され、現在にいたっている。この「鵺」のデザインは大阪港の紋章として使用されている。尚、鵺塚は兵庫県芦屋市にも伝承地がある。
9:00 出発
9:30 鵺塚 芦屋市浜芦屋町5
能「鵺」
摂津国 芦屋の里を訪れた旅の僧(ワキ)は、化け物が出ると噂される海岸の御堂に泊まる。そこへ、一人の男(前シテ)が朽ち果てた小舟に乗って現れた。男は自らを妖怪・鵺の亡魂だと明かすと、帝を悩ませながらも最後には源頼政に討たれて果てた様子を語る。男は僧に救いを求めると、再び舟に乗り、波に流されつつ消えてゆく。その夜、僧が弔っていると、鵺の亡霊(後シテ)が真の姿を現した。鵺は、国家を傾け仏法を妨げようとして命を落とすに至った顛末を見せ、退治の功によって名を挙げた頼政の様子を語る。さらに鵺は、それにひきかえ自らの死骸は捨てられて淀川を漂い、この里で朽ちていったことを明かし、今なお闇路にさまよい続ける自らの末路を語ると、救済を願いつつ消えてゆくのだった。
10:00 出発 六甲北有料道路 中国自動車道経由(途中トイレ休憩)
11:40 石上(いそがみ)神社 西脇市板波町4
その起源は正暦3年(992年)とも永承5年(1050年)ともいわれ、天文11年(1542年)に現在の地に移 されたと伝えられる。現在の本殿は三間社流造で、播州網之郡浦村(現在の淡路市浦)の大工、源時定によって 17世紀後半に建てられた。境内には、長径約30メートル、短径約20メートル、高さ5メートルの巨岩が突出 しており、古くから信仰の対象となっていたと考えられる。毎年秋祭りの本宮の夜に、県指定無形民俗文化財「な まずおさえ神事」が行わる。
12:05 長明寺 西脇市高松町600
ヌエ退治伝説で有名な平安末期の弓の達人・源頼政を祀る廟(その愛妾であった菖蒲御前の廟もある)と、ヌエ退治の様子を再現した銅像がある古刹。白雉2(651)年法道仙人の開基した真言宗の寺で、寺がある高松町一帯は頼政公の所領であったことから遺言により境内の阿弥陀堂近くに墓が築かれたと伝わっている。千載集や新古今和歌集にも和歌を残す歌人としても名高い頼政を偲ぶ歌碑の道が作られ、毎年4月29日には地元住民により「頼政祭」が開催される。 長明寺を出て少し歩くと、“鵺野橋”という名の橋にたどり着く。現在架けられている橋は非常に新しいものであるが、その脇には“鵺野橋”という字が彫ってある、かなり古い橋の欄干がある。
※大森先生のお話をおうかがいしながら境内見。
12:35-13:00 本堂にて、先生方の奉納演奏をお聴きします。
13:20 鵺野橋を見学後出発
13:30 闘龍灘 滝寺荘加東市上滝野283
清流加古川の川底いっぱいに奇岩・怪岩が起伏し、落水の豪快なリズムと四季折々の水模様に魅了される闘龍灘は、竜の躍動に似たことで名が付いた飛び鮎の名所としても有名。毎年5月1日には日本一早く鮎漁が解禁されます。この闘龍灘を眼下に臨む老舗料理旅館で、名物の鮎など、ゆっくりとお食事をお楽しみいただきます。
15:00 出発
16:00 三宮駅到着 解散


7/6
(土)
「頼政」の舞台、宇治の平等院

「鵺」で栄光の絶頂にあった頼政も能「頼政」では、敗北の姿を見せる。かつて平家の軍勢と激しい合戦を繰り広げた地、宇治の平等院には、頼政が戦い敗れ、辞世の和歌を詠んだ後、軍扇を敷いて自刃したとされる「扇の芝」が残る。おごる平家が終焉を迎えるのは頼政の死後間もなくであった。蓮や睡蓮が咲き始めたゆかりの地で無常の世のならいを思う。
※JR京都駅発の貸し切りバスを利用。





白鷹禄水苑のご案内 レンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑の酒オンラインショップ 文化アカデミーのご案内 白鷹禄水苑のイベント情報 禄水苑季節限定酒・酒粕・甘酒一覧
未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.
白鷹禄水苑限定商品白鷹禄水苑のイベント情報文化アカデミーのご案内Englishレンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑のご案内