過去の田植え稲刈り体験講座
 

村米制度発祥の地


酒米の王者「山田錦」の主産地として有名な兵庫県吉川町市野瀬の県道沿いに「村米制度発祥の地 市野瀬」と刻まれた記念碑が建てられています。「村米制度」とは、酒造会社が特定の村と米の生産契約を結ぶことで、現在も灘をはじめとする全国の蔵元が、良質の酒米の安定的な確保をめざし、吉川町周辺の地区と取引を行っています。この制度は1893年(明治26年)、市野瀬地区と西宮の辰馬悦蔵商店(現在の白鷹株式会社)との間で始まったのがその起源とされています。 以来、この地区との酒米の取引は120年にわたり、現在も白鷹は「特A地区」と呼ばれるこの地域が産する、最高品質の山田錦を供給していただいています。 禄水苑ではこの地区の農家の協力を得て、白鷹の酒造りに欠かせない酒米の王者山田錦の田植えから稲刈り体験講座を開催しています。






田植え



稲刈り



作業の後は現地の方との楽しい懇親会を開催します。


 

白鷹禄水苑のご案内 レンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑の酒オンラインショップ 文化アカデミーのご案内 白鷹禄水苑のイベント情報 禄水苑季節限定酒・酒粕・甘酒一覧
未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.
白鷹禄水苑限定商品白鷹禄水苑のイベント情報文化アカデミーのご案内Englishレンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑のご案内