小曽根実&古谷充 ジャズコンサート



2017年6月25日(日)
白鷹禄水苑 宮水ホール
14:30 開場 15:00 開演

関西ジャズ界の重鎮お二人による、ピアノとサックスだけをフューチャーした贅沢なコンサート。今年で11回目を迎えました。打ち合わせなしのトークにもますます磨きがかかり、スタンダードジャズの名曲を次々に演奏。演奏もトークも、なんとも息の合ったお二人。肩の力が抜けて、本当に「気持ちが乗っている」お二人の楽しそうな様子が伝わり、お客様も終始笑顔でアットホームな雰囲気に包まれました。ピアノとサックスのデュオだけではなく小曽根さんはピアノソロの「慕情」、そして古谷さんはボーカルの「酒とバラの日々」「ムーンリバー」で会場を酔わせます。アンコールは、なんと会場からのリクエストから。
「ピアノとサックスだけというのは、とても特殊な編成。小曽根さんとなら『気持ちが乗る』から心地よく、楽しく演奏できる。」という古谷さんの言葉が印象的でした。
「生きていたら来年もよろしく!!」がお二人の締めの合言葉。
なんの、なんの、ますます絶好調のお二人からたくさんの元気をいただいた、楽しいひと時でした。
禄水苑でしかお聴きいただけない特別なお二人のデュオ。来年もご期待ください。

[演奏曲目]
Exactly like you
For all we know
Where or when
One Note Samba
Misty
There will never be another you

慕情 (ピアノソロ)
酒とバラの日々 (ボーカル)
ムーンリバー (ボーカル)
So nice
On Green Dolphin Street

アンコール
Take the 'A' Train



未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.
白鷹禄水苑限定商品白鷹禄水苑のイベント情報文化アカデミーのご案内Englishレンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑のご案内