白鷹禄水苑限定商品 白鷹禄水苑のイベント情報 文化アカデミーのご案内 English レンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑のご案内






 

白鷹禄水苑は、かつての造り酒屋の伝統的商家建築を、まさに戦前までにこの地にあった白鷹蔵元・北辰馬家の旧宅の資料をもとに再現をした建物です。内部は阪神間の商家建築に典型的な、天井の高い土間空間となっています。苑内にある「暮らしの展示室」は、北辰馬家に伝わる江戸の末から昭和初期にかけての生活用品の展示を通し、四季折々の行事や設えなど、戦前の造り酒屋の暮らしぶりを伝えます。
白鷹蔵元・北辰馬家は、初代悦蔵が明治20年代に、酒造蔵と地続きのこの場所に本宅を新築してから、昭和20年(1945)に戦災を受けるまで、4世代がここで生活してきました。「暮らしの展示室」では、唯一戦災を免れた土蔵に残された、創業の江戸時代の末から昭和初期に至る4世代の生活の品々を、それぞれのシーンに応じて再現展示しています。特別の設えに用いられるハレの道具から日常のケの道具に至るまで、いずれも実に手入れが行き届き保存状態が良好で、世代を通じて大切に使われてきたことが明らに見て取れます。
再現展示スペースは、節供や歳時記にあわせて折々に設えを替えます。かつての蔵元の暮らしや文化的嗜好を通して、灘の酒の伝統や文化への理解をより深めていただくことができれば幸いです。

 

営業時間・定休日
見学料金: 無料
営業時間: 11:00 〜18:30
定休日: 第1・3水曜日

▲写真: 1階展示室

▲写真: 2階展示室

▲写真: 結納の設え



造り酒屋に伝わる雛人形
北辰馬家に伝わる昭和初期の五月人形を展示いたします。有職雛でも有名な京都の丸平大木人形店で製作された大鎧(おおよろい)の飾り一式は、小物、附属品等に至るまで辰馬家の定紋入りの特別誂えで、丸平が人形司(つかさ)として黄金期を迎えた、五世大木平蔵の作です。
また周囲には歴史、物語に登場する勇ましい英雄を人形化した武者人形や、その他武人に関する色々な品を飾っています。いずれもで、北辰馬家の長男の初節句を祝って親戚一同から贈られたもので、幼児が健やかにたくましく育つようにとの願いが込められています。


展示概要
展示期間: 4月8日(土)〜5月7日(日)


未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.