←開講講座一覧に戻る入会・受講のご案内 イベントのご案内

特別公開講座
2017年 能のふるさと逍遥
【前期】
(どなたでもご参加いただける講座で、入会金は不要です。)

近畿一円を舞台とする能を取り上げ、ゆかりの人物の足跡をしのびつつ、その物語にまつわる名所、古跡を一年を通じて訪ねます。実演もあわせた曲のわかりやすい解説とともに、折々の季節の風趣もお楽しみください。

お申し込み

講師
久田 舜一郎 (大倉流小鼓)
久田 陽春子 (大倉流小鼓)

受講料
1回 一般2,800円(アカデミー会員  2,400円)
※資料費込み
※どなたでもご参加いただける講座で、入会金は不要です。
※交通費・拝観料お食事代など、諸経費は実費となります。
※アカデミー会員についてはお問い合わせください。


定員
25名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

講師紹介
久田舜一郎(大倉流小鼓)

1961年大倉流宗家・故大倉長十郎師に入門。京阪神を中心に能楽五流の舞台に出演、海外公演参加多数。異ジャンルの音楽とのセッションなど、能の現代性を追及する試みも積極的に行う。長女陽春子も女性では珍しい大倉流小鼓方の若手ホープとして活躍中。1998年日本文化芸術奨励賞受賞。2011年兵庫県文化功労表彰、神戸文化活動功労賞受賞。重要無形文化財総合指定保持者。西宮在住。

申し込み方法 お申し込みフォームにご記入の上、事前に禄水苑までお申し込み後、2週間以内に受講料のお振込み、あるいは禄水苑カウンターにてお支払いをお願いします。

お申し込み
<お振込み先>
三菱東京UFJ銀行 西宮支店
普通5065562 ハクタカロクスイエン
(恐れ入りますが、振り込み手数料はご負担願います)


アカデミー会員についてはこちら>> 入会・受講のご案内

※ご入金をもって正式な受付とさせていただきます。上記期日内のご入金が確認できず、お申込者とご連絡がつかなかった場合、ご予約いただいていてもキャンセル扱いとさせていただきますので、ご了承ください。バス等の予約手配の都合上、ご理解賜りますようお願いいたします。
※ご入金後のご返金はいたしかねますのであらかじめご了承ください。万が一ご欠席の場合、代理の方のご参加や、
欠席されたご本人に限り、同年度内の他講座(原則として同講座は不可)への振り替えも可能です。
※開催日の1カ月前にキャンセルのご連絡をいただいた場合に限り、同年度内の同講座への振り替えも可能です。


その他
※おおむね9:00前後に最寄り駅かバス発着所に集合、昼食をはさんで帰路につき、16時〜19:00頃解散の予定です。
行程や実費経費、集合場所の詳細は開催日の3週間前までにご連絡いたします。
※お食事(3500円前後)は当方で手配します。
※バスを利用する場合、バス代として別途3,500〜4,500円程度かかります。車中でも、先生の詳しいご講義があります。



日程

4/15
(土)
「源氏供養」の舞台、紫式部ゆかりの石山寺

「紫式部が里の女に身を借りて、法印に、自らが書いた『源氏物語』の供養を頼んだのは、花の春の石山寺だった・・・。」この「源氏供養」のシテの紫式部は、石山寺に祈願して源氏物語の「須磨の巻」から書き始めたという。曲中には「源氏物語」五十四帖の美しい文章が織り込まれている。花の寺としても有名な近江の景勝地で、うららかな春の一日を過ごす。

※移動にJR京都発の貸し切りバスを利用。

【行程】
9:00 JR 京都駅 西口改札 時計台(時の灯)前集合
※集合時に食事代、バス代、拝観志納料、クルーズ代、あわせてお一人9000円を徴収させていただきますので、釣り銭のないようご用意いただければ幸いです。
9:10 八条東口アバンティー前 観光バス待機所より貸し切りバスで出発
 石山寺へ。 車中にて久田先生のご講義をうかがいます。
9:55 石山寺新港
10:10 瀬田川・琵琶湖リバークルーズ 出港
風景を楽しみながら、船内ガイドが、瀬田川周辺の歴史や文化、地元の民話、近隣の神社仏閣復元され外輪汽船「一番丸」が、歴史と文化あふれる石山、瀬田川畔を遊覧します。船上からの、史跡などをわかりやすく案内します。
※気候・河川の状況で、運休する場合もございます。
11:10 石山寺新港  徒歩で石山寺へ(徒歩一分)

石山寺

西国三十三所観音霊場の第13番札所。奈良時代後期に、聖武天皇の発願により、良弁によって開かれた。本堂は国の天然記念物の珪灰石という巨大な岩盤の上に建ち、これが寺名の由来ともなっている。また当寺は『蜻蛉日記』『更級日記』『枕草子』などの文学作品にも登場し、『源氏物語』の作者紫式部は石山寺参篭の折に物語の着想を得たとする伝承がある。「近江八景」の1つ「石山秋月」でも知られる。

【本堂】(国宝)
正堂、合の間、礼堂からなる複合建築。正堂は承暦2年(1078年)の火災焼失後、永長元年(1096年)に再建されたもので、滋賀県下最古の建築である。内陣には本尊如意輪観音を安置する巨大な厨子がある。合の間と礼堂は淀殿の寄進で慶長7年(1602)に建立されたものである。合の間の東端は「紫式部源氏の間」と称され、執筆中の紫式部の像が安置されている。礼堂は傾斜地に建ち、正面は長い柱を多数立てて床を支える懸造(かけづくり)となっている。懸造の本堂は、清水寺、長谷寺など、観音を祀る寺院に多い。
【多宝塔】国宝
建久5年(1194年)に源頼朝が寄進したと伝えられる日本最古の多宝塔で国宝に指定されている。均整のとれた優美な建築で、内部の柱や天井の廻りなどには仏像や草花などの絵が描かれている。
【月見亭】
近江八景「石山の秋月」のシンボルとなっている月見亭は、瀬田川の清流を見下ろす高台に設けられ、後白河天皇以下歴代天皇の玉座とされた。

源氏供養
石山寺を参詣に訪れた安居院の法印に声をかけた女は、自分が書いた『源氏物語』の主人公光源氏を供養しなかったために成仏できずにいる紫式部だった。式部は光源氏の供養と、自分を弔うことを法印に頼み、巻物を渡す。
『源氏物語』の作者、紫式部を主人公にした能。この作品が成立した時代には、物語は狂言綺語[きょうげんきぎょ:道理に合わず、大げさに飾り立てられた言葉]を書いたものであり、仏法の教えに反するため、その作者は地獄に堕ちるという考え方があった。後場の長文のクセでシテが舞うが、このクセの詞章には〈桐壷〉〈夕顔〉など、『源氏物語』の巻名がたくさんちりばめられている。クセ以外の詞章にも数か所『源氏物語』の巻名が見られる。
※本堂(予定)にて久田先生による奉納演奏をお聴きします。
12:40 バスで食事処へ
12:50 あみ定
江戸時代末に、あみ船遊びの店として創業した料理屋。瀬田の唐橋中之島にあり、水辺の瑞々しい空気を味わえるお座敷で、ゆっくりとお過ごしいただきます。
14:20 バスで出発
15:00 京都駅到着 解散

※雨天決行です。



6/10
(土)
「浮舟」の舞台、三室戸寺と宇治十帖の古蹟

二人の男に愛された女の交錯する情念の苦悩を描いた、源氏物語「宇治十帖」の世界。古来より宇治には、十帖にちなんだ古蹟が設けられ、多くの人々が物語を偲びながら巡るようになった。中でも三室戸寺には、江戸時代まで浮舟社として祀られていた社の名残が石碑として残されている。紫陽花寺としても有名な同寺を訪ね、周辺の古蹟にも立ち寄る。

※移動にJR京都駅発の貸し切りバスを利用。



9/9
(土)
「仲光」の舞台、多田源氏ゆかりの地を訪ねる

多田源氏の統領・源満仲の子、美女丸にまつわる伝説がこの曲の典拠となっている。観世流では美女丸の身代わりとしてわが子を手にかけた家臣(シテ)の名をとって「仲光」、他流ではツレの名である「満仲(まんじゅう)」と題する。多田源氏の本拠地に満仲が970年に建立した多田院を前身とする多田神社をはじめ、ゆかりの地を川西市に訪ねる。

※移動に阪急宝塚駅発の貸し切りバスを利用。



白鷹禄水苑のご案内 レンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑の酒オンラインショップ 文化アカデミーのご案内 白鷹禄水苑のイベント情報 禄水苑季節限定酒・酒粕・甘酒一覧
未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.
白鷹禄水苑限定商品白鷹禄水苑のイベント情報文化アカデミーのご案内Englishレンタルスペースのご案内 白鷹禄水苑のご案内